昔遊びと悪ガキ

キラキラとした別世界。・・・今考えると、これほど外の世界が魅力的に感じた時代はなかった。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「後妻業の女」

2016.09.18 (Sun)

直木賞作家・黒川博行の第一作目となる作品
「後妻業」原作によるものである。

004004

「後妻業」と聞いて思い出すのは、2009年の木嶋佳苗と
2013年の筧千佐子の婚活連続大量殺人事件は記憶に新しい。

他にも多くの事件はあったが、どの被疑者も
大量の殺人を犯しているにも関わらず、
シラを切るという図太さと、利欲目的で行った犯行で
酌量の余地はみじんもないところは共通している。

金目的の性の虜になり、手玉に取られる寂しいバカな男。
対して、金銭欲と救いのようのない自己顕示欲の塊である毒婦。
これが対峙すれば、バカなおじさんはひとたまりもない。

今、日本は婚活大国と言われる。
熟年離婚が劇的に増加した昨今、
結婚相談所は全国に4000社、利用者は60万人と言われる。
もちろん健康的な結活をしている人が、
圧倒的に多いと信じたいものだが。

そんな世相を背景に、結婚相談所で相手を見つけ、
資産を狙って結婚詐欺を働く犯罪が「後妻業」というものだ。

「後妻業の女」は、京都の事件(これは男が女性から1億5000万円詐欺)が明るみになった直後、事件を予見していたと話題になった黒川作品が原作である。

大竹しのぶ演ずる主人公・小夜子が、
結婚相談所所長・柏木亨(豊川悦司)と組んで、
老い先短い寂しい老人たちを騙すというストーリである。

しかし、騙す側も騙される側もどこかコミカルなキャラばかりで、
実に憎めないものになっている。
関西弁が飛び交い、道頓堀や堀江など、身近な背景というのもいい。
柏木亨の荒っぽい所行や小夜子の毒婦ぶりがあるものの、
どこか間が抜けて憎めない。

笑える。これは百聞よりも一見という他はない。

特に、小夜子と小夜子に手玉に取られて殺された
中瀬耕造(津川雅彦)の娘・朋美(尾野真千子)との
壮絶な格闘シーンはマジに見え、何故か笑いをそそる。

006006

最後のターゲットである筈の舟山(笑福亭鶴瓶)、
実は知る人ぞ知る有名な”竿師”。

小夜子は、陥れるつもりの舟山の”竿”に・・・

005005

最後に、これは個人的ではあるが、
柏木亨の女扮する三好繭美(水川あさみ)だ。
ボクのイメージでは、棒切のように痩せこけた少年という
感じであったが、これほどボリュームがあったとは。

003003

う〜〜〜〜〜ん、いいな・・・
スポンサーサイト

大阪の謎

2013.09.15 (Sun)

最近買った「大阪(地理・地名・地図)の謎(谷川彰英著)」という本が面白い。

大阪には何十年も住み、人生の殆どが、職場も含めてここなのに、知っているようで案外知らなかったことが多いものだ。もちろん歴史なりエピソードなりを「知る知らない」は、ボクに限らず大半の人がスルーしてしまうものだが。

大阪の謎本.JPG

この本は、タイトルにある通り、地理や地名や地域の謎を解くものだが、何ぶん日本の歴史発祥の頃に遡ることが多く、解き明かすための資料が碑物や謌や伝説となってしまうので、解釈が分かれ、「諸説」というのが多い。

本書の冒頭にある「阿倍野」と「阿部野」(べの文字が二通りある)の謎。大阪と奈良は昔、堺県だったという嘘みたいな話し。大阪の市街地にある「072、075」局番、大阪でもない周辺地域にある「06」局番の謎。徳川家康は堺で死んだという説。七夕伝説は大阪だった。とか、住所に人の名前、番地に苗字。難読な地名の由来などなど、笑ってしまう話し盛りだくさんだ。

その中で一番気になったのが、本書中程にある”なぜ大阪のことを「なにわ」と呼ぶのか?”の話しの中にあった5、6世紀頃の大阪平野の地図である。本編の話しはさておき、この地図を見る限り、ただでも小さい大阪が「浜」ほどの広さに過ぎなかったということだ。

5世紀の大阪2.jpg

大阪に住む我が家の町辺りはその昔、海の底であった。というのは、何もボクでなくても言わずと知れたことだ。しかし、その点については多くの謎を、今なお秘めているらしい。

現在、大阪府の総面積は1,897k㎡で、全国47都道府県中46番目だ。北海道が83,456k㎡(国土の約22%)だから大阪の45倍ほどある。ちなみに47番目が香川県、45番目が東京である。その殆どベベに近い小さな県は、5、6世紀の頃は今の半分ほどだったという話しだ。

記載されている地図を、現在の地図(グーグルマップ)に重ね合わせてみた。すると生駒山の西にちょっとした平野があり、その北、つまり今の天満の辺りから生駒山系まで、大きな湖(河内湖)があったらしい。そして上町台地からすぐに大阪湾になっている。いわゆる波打ち際なるものは御堂筋辺りというわけだ。

その後、長い時を経て湖や入江に土砂が堆積し、近代に入って埋め立てが進んで今の大阪ができ上がったというわけだ。

残念!見れなかった。

2013.02.07 (Thu)

大陸から延々と続く寒気団の雲。

雨こそ上がったけど、今朝からずっとズズ曇り(関西弁)。

ようやく夕方、雲の切れ間ができてきたが、

目標の生駒山上空は、厚い雲に覆われていた。

yozora-ISS.jpg

先週から楽しみにしていた国際宇宙ステーション「きぼう」。

7時前から粘ったが、残念無念!

たぶん、この厚い雲の向こうに違いない。

また、近いうちにチャンスはある。

国際宇宙ステーション(きぼう)

2013.02.02 (Sat)

何年か前、淡路島で夜釣りした時のこと。

あまりに釣れなかったので、コンクリートの突堤の上で

ゴロ寝し、何気無しに星空を見てたら、

星とは明らかに違う動きの光りを見付けた。

殆ど動かない星々に比べて、猛スピードで一直線に走って

あっという間に消えてしまった。

あれが国際宇宙ステーションだったと気づくのは、少し後のことだ。

その時見た光りが、国際宇宙ステーション「きぼう」だったか

分からないが、最近、ブログ友だちの「ぶちょうほう」どのから聞いて、

あらためてそのことを思い出した。

kibo.jpg

国際宇宙ステーション「きぼう」は、地上約400km上空の宇宙空間に

ある人類史上最大の 宇宙施設。

大きさは、サッカー場くらいの大きさだとある。

そんな大きなものなら、天気さえ良ければ絶対に見えるな。





ヨメの家出?

2012.05.02 (Wed)

土曜日の朝であった。今日から3連休というので、いつもの習慣から開放されてゆっくり起きた。

目が覚めると8時過ぎていた。土曜日だから「梅ちゃん先生」を観なきゃと慌てた。が、早起きのヨメがつけている筈のTVのスイッチが入っていない。「なんや、始まってるやんか」とボヤキながら、眠気眼でスイッチを入れる。

おかしい。ヨメの返事が無い。
ベッドは空っぽである。土曜日だからアルバイトは休みの筈。「そうか、ゴミ出しかトイレだろう」と。だが、トイレに入っている気配はない。しかもゴミ箱にパラパラとゴミが残っているので、ゴミ出しではない。

コンビニにパンでも買いに出たのか?
「梅ちゃん先生」が終わるまで待ったが、帰ってこない。
ケイタイもない。

いくら待っても帰ってこないので朝飯の準備をする。
と、ドレッサーの上に何かメモが。
『今日から信州へ行ってきます』。
えっ?


[広告] VPS




驚いた。今まで旅行といえば、一緒に行くか、一人で出ても誰かと落ち合うか、せいぜい九州へ里帰りくらいだったのに、こんなパターンは初めてである。

でも、よくよく考えたら、女の一人旅ってカッコいいと思う。
よくぞ勇気を出してくれたと、褒めてやってもいい。

ヨメは母親似なのか昔から旅行好きで、国内ばかりだけどチョクチョク行きたがるが、ボクの趣味と全く違うので、行く先々でよくもめる。

ボクの場合、欲張って慌ただしく観て回るのは嫌いである。できるなら、一番気に入った場所に留まって、絵を描いたり本を読んだり、その土地の人と話したり、小説を書いたり、もちろん釣りをしたり、こんな旅をしたいのだ。

最近はないけど、学生時代や就職してからもチョクチョク休みをとって、一人旅をした。一人でなくても気心の知れた友人とも。

それでヨメに言ったことがある。
「たまには一人旅してみたら?」と。すると、「女の一人旅は危ない」とか、「旅館が怪しんで泊めてくれない」などと、屁理屈を並べるのだ。

「あんたのオフクロさんは、ずっと一人旅してるやんか」と言えば、「あの人は別」と、わけの分からないことを言う。つまりは、一人で行くのが不安なのだ。

ヨメの反論には全く説得力がない。それで「女の一人旅ってカッコいいで!」と、つい言ってしまった。5年ほど前だったか。
それからもずっと一人旅をする気配はなかったのに、突然の家出的一人旅で驚いた。

昨朝、「今から上高地に向かう」とのメール。
さすがに3日目となると、ちょっと心配になってきた。
無事に帰ってきたら、ひとつ、褒めてやるか。

ウンコ撒き

2012.02.02 (Thu)

毎日寒い日が続きますが、いかがお過ごしですか?

な~~~~~んてね。

ああ、嫌んなるね、この寒さは。

あまり出歩かないから、ブログのネタもない。

それででもないけど、先日、

写真や動画を入れてるフォルダを整理してたら、

ケッタイなもんが出てきました。

[広告] VPS


これはちょっと古いけど、って言うても去年の9月。

台風12号の直前に鹿児島でロケしてましてん。

撮影中に、何やら芳しい香りがすると思ったら、

ロケ現場のすぐ隣りで、堂々とウンコ撒きしてました。

激アツと風向きで、上手い具合に頂いたわけです。

ボリュームを目一杯上げて、さあどうぞ!!!


花火、大サービス!

2011.08.10 (Wed)

もう飽きた?

でも、ボクは花火が好きやからなぁ~、しゃーない。

似たような動画だけど、最後のだけはちゃうで。


[広告] VPS


[広告] VPS


[広告] VPS


[広告] VPS

節電遊び

2011.07.24 (Sun)

これは個人的な仕事で、あるチーズ製品メーカーの
ウェブサイトPR企画。

その中で、以前出版した「昔遊び図鑑」から
環境にやさしく、しかもお金のかからない「節電遊び」
幼児向けにアップしたもの。


setudenasobi.jpg

これはほんの一部。

商品パッケージを利用した「遊び方」としてのサンプルも
同時に制作したが、試しに中味の方も頂いてみた。

このメーカーの商品を口にするのは初めてで、
正直、食する前のイメージとして、幼児が好む甘い味だと
思っていたが、これはどちらかと言えば、大人の味のような・・・
つまりこの味は「いい!」のだ。

だけど、まだデザイン協会の理事のままになっている。
それに、「先生」は正直困る。
& 名前もバレてしまう。けど、まっいいか。


先祖は誰だ?

2011.06.30 (Thu)

このシッポの長~い客人を見ると、

ついつい恐竜を思い出す。

恐竜?

そう、中生代初頭のジュラ紀に繁栄したあの恐竜だ。

だけど、このトカゲの祖先が恐竜だとは言っていない。

一説に言われている惑星衝突による白の時代に

絶滅しているから直接の先祖ではない。

ところが、空を飛ぶ鳥などは、どうやら恐竜の仲間らしい。

であれば、この爬虫類は誰が祖先で、どう進化していったのか。

これから調べることに・・・


[広告] VPS





何の絵かな?-2

2011.05.03 (Tue)

リアクションが少なかった迷路の第2弾です。

さあ、これはどうかな?

これもある動物の、今度は顔です。


meiro2.jpg







ちなみに、前回の答え。


1-kotae.jpg




何の絵かな?

2011.04.28 (Thu)

もう見慣れたゲームですよね。

これね、あるサイトでアップしたんですが、

まったく、何のリアクションもなかったやつ。


goからoutまでを塗りつぶすと、

ある動物のシルエットが浮かびます、というやつ。

脳のトレーニングにいいかもね。


meiro1.jpg

当てても何にも出ないよ。

動画第2弾

2010.12.15 (Wed)

動画第2弾!

これもまた、今イチ!

前の方が良かったな。

[広告] VPS



初めての動画づくり

2010.12.02 (Thu)

PCに弱いボクに、絶対できないと思っていたけど、

できてしまった。

メチャクチャ地道な作業。

ちょっと手抜きなところはあるけど、

初心者ということで、お許しを!

[広告] VPS

 | HOME | 

プロフィール

natsumiryo

Author:natsumiryo
FC2ブログへようこそ!
夏海 漁の
悪ガキワールドへようこそ!

FC2カウンター

フリーエリア

フリーエリア

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

翻訳できるよ!

ブログ内検索

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。