昔遊びと悪ガキ

キラキラとした別世界。・・・今考えると、これほど外の世界が魅力的に感じた時代はなかった。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陣取り

2006.09.30 (Sat)

都会に公園というものがあると知ったのは、ずっと後のことである。もちろんボクの田舎は、そんな(ハイカラな)ものはなかった。と言うより、その辺全部が公園みたいなものだったし、そもそも公園という単位や何故それが必要なのかが理解されていなかった。

その頃、運動場はフラフープ、三角ベース、鬼ごっこで占領され、必然的に地味でセコい「陣取り」は、隅っこか別の場所を探さねばならなかった。かといって他所の庭に入ってできるような、堂々としたものでもなく、どちらかと言えば肩身の狭い遊びであった。

広場とかいう言い方はなかったと思う。概念的にはただの空地か野っ原だ。そこには草や苔が生え、石コロがゴロゴロしていて、とてもゲームなどできる状態ではなかったが、執念というものは恐ろしいものだ。あっという間に立派な公園なるものができあがった。そしてそこにはいつも5~6人の小集団で埋まるという奇妙な光景があった。

陣取りのルール

(1)大きな円の中に、ほぼ等分の円を書き、それぞれの陣地(4人の場合の図)を設ける。
ジャンケンの順で、それぞれの陣地からスタートする。
(2)の絵のように「おはじき」を指で弾きながら、自分の陣地を広げていく。
   接触している隣の円内に入れば、優先的に続けられるが、
   ×印のようにライン上で止まったり、はみ出したりするとアウト。次の人へ。
(3)奪った陣地のラインは消していく。
(4)一通り陣地の取り合いが終われば、(5)第二ラウンドへ。
   第二ラウンドは、再びジャンケンで順番を決める。「おはじき」は使わずに、
ひとり1回づつ順番に。
  (実はこの順番が大きく陣取りにものをいう。(7)図参照)
(5)相手の陣地内に指で書き、
(6)ラインを消して自分の陣地に吸収する。
(7)第二ラウンドからは、順番でスペースの取り方が変わる。


jinntori222.jpg

関連記事
スポンサーサイト

 | HOME |  »

プロフィール

natsumiryo

Author:natsumiryo
FC2ブログへようこそ!
夏海 漁の
悪ガキワールドへようこそ!

FC2カウンター

フリーエリア

フリーエリア

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

翻訳できるよ!

ブログ内検索

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。