昔遊びと悪ガキ

キラキラとした別世界。・・・今考えると、これほど外の世界が魅力的に感じた時代はなかった。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ションベンが凍る。

2009.01.29 (Thu)

syonben.jpg

以前読んだ椎名誠の紀行小説に、面白い話しがあった。何でも、シベリア辺りのツンドラ地帯では、冬、氷点下40度以下になることはザラにあるようで、そんな時、疾走する馬には雲がまとっているというのだ。

雲と言っても空の上に浮かぶ雲でもないし、天から舞い降りたペガサスでもない。要するに汗である。疾走する馬の身体から汗が噴き出し、ダイアモンドダストのように、瞬時に氷粒になるのだ。つまり、走っている間は常に汗が噴き出すから、雲をまとっているように見えるというわけだ。

水が氷になっていくメカニズムについては、よく分からない。真水と塩水では違うだろうし、汗や不純物が混じっていても、それなりに状況が変わる。普通、0度を境にして、氷点下になれば凍ると思われているが、決してそう単純なものではないらしい。

毎回話しているが、ボクの田舎は山陰の豪雪地帯である。が、だからといって、雲をまとうほど寒くはならない。記憶では、氷点下10度を下回ったことはなかったと思うし、あとは北海道で氷点下18度を経験したくらいである。

氷点下40度は想像できない。それこそ、どこかの石油会社のテレビコマーシャルで、バナナで五寸釘が打てますとか、バラの花が粉々に砕ける、あの状態かも知れない。

笑われそうだが、きっと、雪原で立ちションベンすれば、体外に出た瞬間にツララになってしまうだろう。切れの悪い人なら、先っちょが凍傷になる可能性だってある。

もちろんボクの田舎では、そんなことは一度もなかったが、ある大人は、どこからそんなネタを仕入れのか、吹雪の日に連れションしていたら、雪の上に何本もの氷柱ができたのだそうだ。

その氷柱たるや、ほうき型、釘型、うなぎ型と、様々な形で雪原に突き刺さっていたという。しかし、そのどれもがきれいに放物線を描いていたらしい。チャンチャン。

関連記事
スポンサーサイト

 | HOME |  »

プロフィール

natsumiryo

Author:natsumiryo
FC2ブログへようこそ!
夏海 漁の
悪ガキワールドへようこそ!

FC2カウンター

フリーエリア

フリーエリア

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

翻訳できるよ!

ブログ内検索

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。