昔遊びと悪ガキ

キラキラとした別世界。・・・今考えると、これほど外の世界が魅力的に感じた時代はなかった。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

掛け替えのないもの。

2009.02.15 (Sun)

(”目覚めた時”の続き)
小学生の3、4年といえば全くのガキである。だから、本当の意味での”目覚め”は、もっともっと、ず~っと後のことで、単に幼児がひとりの男子として、第一段階に立ったということになるだろう。

特にボクの場合、あのような家庭環境で育ってしまったせいで、つまり男以外に”女”の子という全く違った生き物がいたことに、初めて意識したからだ。そういう意味で、一種のカルチャーショックに過ぎない。

ボク以外の男、あるいは女が、幼児から少年少女へ、そして一人の人間として、どういう過程で成長していったのか分からない。そしてそれが普通の、いわば正常な成長の仕方だったのか、こればかりは知る由もない。

ボク自身を客観的に分析するなら、正常かどうかはともかく、せっかく男女が同居するごくありふれた家庭で生活する中で、異性の関わりについて全く触れることが許されない環境にあった分、立ち後れていたのかも知れない。何しろ、男女の関わりなど汚らわしいものとさえ思われていた節があったから。

正直、不思議でならなかった。3、4年生にもなれば、親の話しを真似てみたりと、オマセな女の子が出始める。女の子は特に、男の子より、心ばかりか身体の成長も数段早い。男の子というのはガキのままである。

それが高学年のなると、ますますエスカレートしていった。時には大人の、つまり自分の両親の秘め事まで話す者さえいたものだ。ボクはそういうことを耳にする度、嫌悪感をもって耳を塞いだ。汚れた最低の人間だと、そういう世界から逃避していたと思う。

ところが、事件は5年生になった時に起こった。祖父が脳卒中で突然、逝ってしまって間もなくのことである。あの頑固で圧制をほしいままにしていた祖父の最期は、全くあっけないものであった。それを期に、我が家は、まるで絵に描いたように”暗”から”明”へと変貌したのだ。

これほどまで変われるものかと思うほど、変わってしまった。ちょうど世の中は、東京オリンピックの準備にお祭り騒ぎのまっただ中にあって、閻魔大王に勝るとも劣らない祖父でも、楽しみにしていたのだが、それを観ることもなく逝ってしまった。

祖父の葬儀を終えて間もなく、我が家にはあらゆる電化製品が届きだした。冷蔵庫、洗濯機、それに東京オリンピックを鑑賞するためにと、大型テレビに一新したのだった。そして、三十路を越えた叔父が、結婚して家を出ていった。あの働き者の叔父が出ていくとなると、急に寂しくなる。

結婚の数日前、ボクは叔父に連れられて浜坂(山陰の漁村で、鉄道の駅がある唯一の町)まで小旅行をした。小学生になってからも、大きな兄だと思って、誰よりも慕っていた叔父が、いなくなると思っただけで悲しくなった。

漁港をぶらつき、美味しい料理を食べ、商店街を見て歩いた。叔父は、最後に「何か欲しいものはないか?」とボクに言った。ボクは野球がしたかったので、バットとグローブがどうしても欲しかったのだが、悲しくてそれを言い出せなかった。

だが、その叔父がいなくなった後、父から手渡されたのは、まぎれもなく、あの時、欲しいのに言い出せなかったものだった。「叔父ちゃんからお前にだ」と。ボクは、その時初めて堰を切ったように涙が溢れてしまった。

叔父がいなくなった我が家は、祖父が亡くなった時よりも、寂しさに満ちていた。だけど、大きく変わったのは笑いが増えたことだった。あの寡黙な父も、病身の母も、毎日笑顔が絶えなかった。ボクの中で何かがなくなり、分からないが、大きくて大切な何かを手に入れたように感じた。”蛇行”する、あの思いを除いては。

関連記事
スポンサーサイト

 | HOME |  »

プロフィール

natsumiryo

Author:natsumiryo
FC2ブログへようこそ!
夏海 漁の
悪ガキワールドへようこそ!

FC2カウンター

フリーエリア

フリーエリア

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

翻訳できるよ!

ブログ内検索

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。