昔遊びと悪ガキ

キラキラとした別世界。・・・今考えると、これほど外の世界が魅力的に感じた時代はなかった。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブタとサル

2013.12.29 (Sun)

sannpai.jpg

「靖国参拝」という、あの人の傲慢かつ軽率な行動で、日本は今、揺れている。だからと言って、何も中国や韓国の顔色を窺う必要性はまったくないし、戦争を知らないオレの思いとしては、巨大国の属国意識を持つ筈もない。しかし、その馬鹿げた行動によって、欧米諸国の大ブーイングは、あの人も想定外だっただろうなあと思う、恐らく。

それにしても何故「靖国」にこだわるのか、オレは理解に苦しむ。戦争を経験した人なら、そういう気持ちがあっても不思議ではないが、戦争を知らないオレたちとほぼ同世代のあの人が、「靖国」に固執する真意がどうにも理解できないのだ。

彼は、「日本のために尊い命を犠牲にされたご英霊に対し、尊崇の念を表し、御霊安らかなれとご冥福を・・・」、「二度と戦争の惨禍が無い時代を・・・」と繰り返す。まるで、周囲の意見を無視してまで、毎年参拝を欠かさなかった小泉氏の、リフレインを見ているようだ。

戦没者の慰霊や不戦の誓ならいつだって、どこだってできる。何もこのタイミングでなければならないことはないのだ。
あの広島の原爆投下時、爆心地近く(数キロ)でキノコ雲を見、多くの戦友を亡くしてしまったオヤジでさえ、無意味な戦争に異を唱え、90才を目前にした今まで、ついに一度も「靖国参拝」を口にしたことがないのに。

金融緩和から円安に転じて、主に輸出産業が潤い、株価も上昇を続ける。「景気上昇の兆しだ」と、あの人は連発する。我々庶民とは別の世界だけど。あまり説得力のなかった気がする「3本の矢」を、「評価できる」ひとが、どうやらいるらしい。そして景気の回復は、我々庶民にも数年後に、恩恵に預かるらしいから、見ていようという気になっていた。

80年代からの課題であった「沖縄問題」や「地位協定」にも、若干明るい兆しが見えている。各国で貢献している民間人、団体、NPOなども好評価されている。そんな中で苦悩し続ける「竹島」、「尖閣」問題は、永遠のお荷物であり、永遠の「謎」。

以前、中国はアメリカに対して太平洋を二分したいと言ったそうである(はっきり言わなかったかもしれないが、そういう意図は見えていた)。その中国では、周辺自治区との緊張が続き、共産党一党独裁軍事政権が武力で黙らせている。

中国の「真の狙い」は何であるか。「太平洋を二分」は、あながち冗談ではない、その足がかりを着々と進めていると見て間違いない。南シナ海、東シナ海をほぼパクリ、日本の海底に眠る地下資源、日本の技術と経済、そして豊富に湧き出る「飲める水」をパクリ、嫌がる周辺国を無理矢理制圧したように、日本もそうしたいのだろう。

竹島で騒いでいる韓国などは、ものの数ではない。無視すればいい。余談であるが、もし韓国が「北」と戦ったとしたら、偽装で成り立っている韓国の方が不利だろう。

しかし中国は違う。何故なら、中国には「道理」や「世界基準」など、まったく通用しないからだ。それが証拠に、万人の認める「大嘘」を堂々と言い、常に自分たちを正当化するその手口からだ。更に、領空や領海を侵犯し続け挑発している。

「日本よ、来るなら来い」と言わんばかりに。つまり、日本に戦争のきっかけを作らせようと、わざと挑発を繰り返しているのだ。まさにサルだ。

そんな鬱陶しいサルを大人しくさせ、アジア諸国と同盟し、アメリカとの同盟もより強くし、世界平和に貢献する。これが日本の思惑であった筈である。それを目標に今までコツコツと積み上げて、日本を真のグローバル国家にするのが命題であったが、「靖国参拝」によって、自分ひとりでリセットしてしまった。

やってしまったことは、もう取り返しがつかない。「政治家としてアマチュアだった」と退場した人がいるが、自分でわかっているならまだいい。「煽てれば高いところに上る」タイプだとしたら、日本にとってこれほど不幸なことはない。




関連記事
スポンサーサイト

 | HOME |  »

プロフィール

natsumiryo

Author:natsumiryo
FC2ブログへようこそ!
夏海 漁の
悪ガキワールドへようこそ!

FC2カウンター

フリーエリア

フリーエリア

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

翻訳できるよ!

ブログ内検索

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。