昔遊びと悪ガキ

キラキラとした別世界。・・・今考えると、これほど外の世界が魅力的に感じた時代はなかった。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不快な電報屋。

2006.12.21 (Thu)

電報屋の金切り声は不快でたまらなかった。電報屋という商売柄、時間に関係ない。昼間はともかく、夜中であろうが、雨や雪が降ろうが、嵐であろうが一切関係なくやってきた。殆どの場合、我が家には関係ないもので、峠の上の村に行く前に、必ず我が家に寄る習慣であったのだ。

それは母屋の端の便所まで響き渡るような、大きくて極めて不快な金属音であった。忘れた頃に突然やってくる彼は、無神経極まりなく、その声を聞くだけで家族全員縮み上がった。

まさに台風が通過しようとしていた日の夜中であった。夕方から叩き付けるような風雨で、さっさと雨戸を閉めて、飛ばされないように戸板を釘付けして、早目に床についていた。
そういう時に限って、不快で無遠慮な電報屋はやってくるものだ。
ようやく寝付いた頃、無遠慮に玄関を引き開ける者がいた。
「こんばんは。電報屋でーっす(キンキン)」
この金属音で、全員叩き起こされる。さも「ワシが働いてるのだから、起きているのは当然だ」と言わんばかりである。

父親は飛び起き、座敷の扉を開けた。父親は、嵐の時は必ず普段着のまま床につく習慣があった。
電報屋は、暗い土間で懐中電灯を無遠慮に向けた。そして、訃報の次第を告げながら、勝手に台所へ行きアルミ杓で水をガブガブ飲んだ。そして続けた。
「H川が氾濫してD町で人が流された。流されたのはH村(峠の上の村)のNさんの親戚らしい」

この台風で、H川の下流が氾濫してD町で、田んぼを見回っていたH村出身の人が激流にのまれて、行方不明になったという。
電報屋は杓をもったままの姿で、無遠慮に懐中電灯を向けて一方的に喋りまくり、玄関扉をガシャンと閉めて出ていった。
こうなったら家族全員、もう寝られたものではない。

後日、行方知れずの人の捜索は続けられたが、結局発見できなかった。
それにしても電話が開通しているのに、何故、あの不快な電報屋が走らなければならなかったのか、不思議でならなかった。

turara.jpg

スポンサーサイト

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

こんばんわ。

まいってます。母の症状と心と、云々のことがあり、けっこうシンドイ。かなりシンドイ。

なんかねえ、ほっ!とするところがない。小説でも文学でも物語でもなんでもいい、いまの現実から離れたところに頭をもっていきたい(もともと、ぼくはそういうタイプの人間ですが)。

というわけで、夏海さんとダベりたいんだけど、病院がよいで時間的にも余裕がないということもあります。きついわ~。近じか、お電話、したいと思っています。いや~、きついよ。

妙なメールになって、申し訳ない。許してください。

コメント、ありがとうございます。

ここんとこ連日、終日の病院通い。母は高齢だし…というわけで気が弱くなっている。で、愚痴に近いブツブツの「聞き役」になっているわけです。でも、これが結構キツイんだなあ。

というわけで、年賀状の宛名書きも、まだ、やってない状況です。

明日(27日)、ちょっとした手術をする。カメラマンの福井さんがやった「心臓カテーテル」というやつです。福井さんは5日で退院されたように、手術ともいえないような簡単なものですが、母はすごく不安がっている(高齢で体力に自信がない)。

母の不安(と怒り…不安が怒り状態になってくる)の「気を紛らわす」のが、ぼくの役目みたいなものですから、ま、頑張ろうと思います。

退院したら、そのときはそれなりに、また、気をつかわねばならない。食事、室温、衣類…。もう、まいるぜ。ま、しょうないことやけど。

先日は、ありがとう。

いつも突然電話して、申し訳なく思っています。

あの~、先日。夏海さんのお母さんと夏海さんの叔父さんとの会話のことを、ちらっとお聞きしましたけれど、あの~、ほとんどそれと同じことを母とぼくはこの数日話していたみたいです。状況が多少違うから、それだけの違いはあるけど、意味内容としては同じです。

夏海さんはストレートに実際を語るから、ぼくは話したくなる。同時に、こっちが話すより早く、ストレートに実際を語るから、こっちが口ごもってしまうところがある。つまり、夏海さんはリアルな足場のある「勘」があり、それがぼくにとっては、余計なことを言わないですむ「救い」になっています。

ひさしぶりにわがblog見ました。数日、更新しないでいると、グラフでは惨憺たる有様。なるほど、blogは究極の手紙(←マスの反対という意味)という感じがしてきました。

こう考えてくると、なんとなくナエてきているのも事実です。

来年も、よろしくお願いいたします。

あけまして、おめでとうございます。

いいことがあるとは思えない客観状況ですが、いいことを期待しなきゃ生きている根拠がないのも事実です。

blogもMもほったらかしにしてたんだけど(見てもいなかった)、ひとり寂しく弁当を食いながら、更新しました。友人のブログでは(はっきりしないんだけど)、わが友人のお父さんが亡くなったみたいな記述があった。

未確認のことですから軽々に言うべきことではありませんが、でも、これ的なことに敏感になっていることは事実。

正月というとウキウキするものだった。餅つきもおもしろかったし、凧揚げも楽しかった。お宮参りも、その縁日で買うピストルも、なにもかもがハピィに感じられた。でも、ポジの裏にはネガがある。

お屠蘇より焼酎、お節料理よりラーメンのほうがいいと思うようになってから、どのくらい経ったんだろう。そして、お屠蘇とお節料理の幸福感の正反対の、動脈硬化とカテーテル、心電図異変という現実を直視しなきゃいけないようになってしまった。

でも、夏海さんの言われるように、また、ポジの時代がくるかもしれない。このことを願って=信じて、今年をはじめたいと思います。

また、突然に電話を入れることがあることでしょう。そのときは、剛柔流武術のしなやかさと、サバサバした身のこなしで捌いてください。

お互い、今年がいい年でありますように。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

natsumiryo

Author:natsumiryo
FC2ブログへようこそ!
夏海 漁の
悪ガキワールドへようこそ!

FC2カウンター

フリーエリア

フリーエリア

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

翻訳できるよ!

ブログ内検索

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。