昔遊びと悪ガキ

キラキラとした別世界。・・・今考えると、これほど外の世界が魅力的に感じた時代はなかった。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田の字ケン

2006.09.14 (Thu)

「田の字ケン」という呼び方は、学校の先生に教えてもらったのか、ボクたちがつけた名前なのかははっきりしないが、これもたぶん「花ケン」が発展したものと考えるべきだろう。これも「エスケン」同様、親たちのひんしゅくをかった遊びである。ところが、元はと言えば学校で先生に教わったという記憶がある。子供の世界の中で、どんな遊びでも言えることだが、ラインを踏んだとか踏まないとか、決められた回数を、回ったとか回らなかったとか、守備側が後ろを向いている隙に近道するヤツがいたりと、結構ケンカが絶えなかったものだ。

田の字ケンのルール
◆下の絵にあるように、グレーのスペースが逃げる側。白いスペースが鬼。◆どの方向を回ってもいいが、逃げる側は必ず全員同じ方向でなければならない。◆逃げる側は鬼に身体をタッチされると、その場でアウト。退場しなければならない。◆ラインを踏んだり近道してもアウト。◆周回数をあらかじめ決めて、誰か一人でも周回できたら振り出しに戻り、鬼は再び同じ役をしなければならない。うかうかしていると鬼ばかりやらされることになるから注意。
◆基本形に飽きたら、バリエーションのような変速形にアレンジしても面白い。ルールは基本形と同じだが、グレースペースの中や周囲に、鬼が走れるスペースを設けたり、サークルを拡げて鬼を増やすのも良い。
tanoji-ken.jpg

スポンサーサイト

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

いろんな「~ケン」があってんなあ。で、この「~ケン」の意味は、なに? Sケンの場合は、ケンケン(片脚でとびながら動くこと)とも考えられるけど…。

さあ??

分からん。そこまで考えてへんかった。というか、子供の遊びっちゅうもんは意味など考えてへんかったとちゃうやろか。
ああ、確かにケンって、ケンケンのことやし、何でやろ?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

natsumiryo

Author:natsumiryo
FC2ブログへようこそ!
夏海 漁の
悪ガキワールドへようこそ!

FC2カウンター

フリーエリア

フリーエリア

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

翻訳できるよ!

ブログ内検索

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。