昔遊びと悪ガキ

キラキラとした別世界。・・・今考えると、これほど外の世界が魅力的に感じた時代はなかった。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水きり。

2007.04.09 (Mon)

大リーグやサッカーが身近になった今、それほどでもなくなったが、数年前まで40年間も巨人ファンだった。と言うのも、昔の田舎は巨人戦しか放送されなかったので、否応無しに巨人が頭に住みついてしまったのだ。物心のつき始めた頃から“巨人・大鵬・玉子焼き”だった。しかし、昭和31年から33年までシリーズを3タテした西鉄の“神様”稲尾や、翌年の34年、4連投4連勝したサブマリン杉浦の話は、伝説として大人たちから何度も聞かされていた。ボクはその伝説の試合を観ていないが、大人たちが「サブマリン投法はこうやって・・・」と、さも実際に観て来たかのように真似をして見せるので、河原の石投げは全員杉浦が乗り移ってしまっていた。

誰でも一度は経験したことのある遊び。実は「水きり」という呼び方は、最近まで知らなかった。先日、TVのある番組で「水きり」なる遊びの同好会があることを知った。大の大人が河原で石を拾い、ひたすら川に向かって投げる姿を見て、忘れかけていた童心を蘇らせるばかりか、何かとストレスの多い現代社会で羨ましくもあった。

石投げ・・・
(1) できるだけ平たく、水の抵抗がありそうな丸い石を使う。
(2) 投げる時は、水面に平行になるようにサイドスローで投げると、水面に弾き飛ばされて遠くまで飛ぶ。強く投げれば投げるほど、水面で弾く回数が増える。

mizukiri.jpg

スポンサーサイト

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

お、デザイン、変わったね。新鮮だ。

水切りはよくしましたよ。普通は2~3度だけど、うまくいくと数え切れないくらいの波紋ができる。ぼくの場合、ほんとにわずかな回数しかなかったけれど。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

natsumiryo

Author:natsumiryo
FC2ブログへようこそ!
夏海 漁の
悪ガキワールドへようこそ!

FC2カウンター

フリーエリア

フリーエリア

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

翻訳できるよ!

ブログ内検索

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。