昔遊びと悪ガキ

キラキラとした別世界。・・・今考えると、これほど外の世界が魅力的に感じた時代はなかった。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箱めがねでヤス漁

2007.06.26 (Tue)

箱めがねのガラスには、三次元総天然色の世界が映った。まるで動く生物図鑑だった。白い石、黒い石、鮮やかな緑の苔、茶褐色の苔が水の流れに揺らぎ、石の隙間で顔をのぞかせる魚がいた。“どんこ”が川底をすばしっこく走る。おたまじゃくしの群れがあり、ゲンゴロウ、ガムシ、タガメたちが川底と水面を忙しく往復していた。

箱めがねの作り方
(1) 4枚の板それぞれの端にガラスを差し込む溝を削る。
(2) 角を釘で固定させてL字型を作り、ガラスを差し込む。
(3) 同じように他の2面を合わせて角を釘で固める。
(4) 最後に、水が入らないように箱の角とガラスの目地部分に、ロウか松ヤニを塗る。

ヤスの作り方
(5) 鋼鉄製の針金。20~25cmの3本を用意する。
(6) それぞれの先を金鎚で平たくし、ヤスリで尖らす。
矢の先を、より硬くするために、焼き入れすることもある。
(7) 3本の矢を板で固定し、柄の部分を針金で縛る。
(8) 竹に差し込み、竹の上から、更に針金で縛る。

hakomegane.jpg

スポンサーサイト

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

natsumiryo

Author:natsumiryo
FC2ブログへようこそ!
夏海 漁の
悪ガキワールドへようこそ!

FC2カウンター

フリーエリア

フリーエリア

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

翻訳できるよ!

ブログ内検索

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。