昔遊びと悪ガキ

キラキラとした別世界。・・・今考えると、これほど外の世界が魅力的に感じた時代はなかった。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とんま天狗

2007.08.29 (Wed)

小学3年生の秋の頃であった。級友のヨシカズという子が、白い包帯で頭をグルグル巻きにして現れた。驚いたT先生がわけを訊くと、「とんま天狗」の真似をして転んでしまったのだという。眉間に皺をよせてヨシカズを覗いていた先生は、思わずのけ反って笑った。

「とんま天狗」。・・・ボクはそれを知らなかった。
隣接している村であっても、電波が届く届かないでは、子どもの間の話題がこうも合わなくなる。たかだか2キロである。
だが、2キロの距離が重要でなく、地形的に電波が届くか、山に遮られるかが問題であったことが後で分かった。

ヨシカズの住む高原の村は、標高的には高いところにあるが、電波を遮る高い山は殆どなかった。それに比べ、ボクの村は谷の底にあるようなものだから、いくら屋根の上にアンテナを立てても、電波など届く筈がなかった。だから、何百メートルものコードを引っ張っていって、裏山の山頂に立てていた。

それでも日本海テレビ(鳥取の局)とNHKの、2局だけであったし、台風や吹雪きの影響で、アンテナの向きが少しでもズレると、致命的なノイズが入り、画面が波立った。

当時、ボクたちの話題の中心は「まぼろし探偵」、「鉄人28号」、「ポパイ」であったが、ボクの村より3局ほど余分に電波が届くヨシカズの村では「とんま天狗」、「番頭はんと丁稚どん」、「ローン・レンジャー」、「ララミー牧場」、「少年探偵団」と、ボクの知らない多くの番組がもっぱらの話題で、その方面ではついて行けなかった。


とんとんとんまの 天狗さん 
とんまで オセンチ お人好し
にぎる刀は 大上段 
エイッ 悪人どもを なぎはらう
姓は尾呂内  名は南公 
子供が大好き ぼくらの仲間
とんとんとんまの 天狗さん

(ちなみに主人公の名前「尾呂内南公」は、「とんま天狗」のスポンサーの商品名「オロナイン○○○」からつけられたものだ)

ヨシカズたちが、いくら「とんま天狗」の真似をしようが、あの十円禿の丁稚どんの話しをされても、一向に分からなかったのである。

テレビ番組のことはさておき、T先生を笑わせたヨシカズの話しはこうである。
同じ村の悪ガキたちと「とんま天狗」ごっこをやっていた。主人公の「とんま天狗」役は誰がしたか知らないが、ヨシカズが斬られて倒れる役であったらしい。「とんま天狗」は明らかに「正義の味方」だから、彼は悪役であったのであろう。

彼は追い詰められて斬られた。そして、『や・ら・れ・た~!』と言って、その場に倒れる・・・振りをした。
倒れた場所が悪かった。不運にも尖った石があったのだ。
さあ、困った。村には産婆はいるが、傷口を縫う医者はいない。病院までは10キロはあるし、もちろん救急車があるわけがない。

まあ、昔の田舎はだいたいそのようなものであったから、毎日のように怪我をしていた我々ガキは、それくらいのことで病院に行くことは、まずなかった。
ともかく血止めをして赤チンをぬり、包帯を巻く。それが治療であり、それをすることで、子どもというものは安心するのだ。

余談であるが、僻地医療はおよそそういうアバウトなものであった。
怪我をすれば、とにかく赤チン。打ち身であればヨーチン。腹が痛ければ正露丸。山で怪我をすれば「よもぎ」の汁で消毒する。蜂に刺されれば小便を。と、だいたいそうだった。

常備薬はあったが、風邪薬や胃薬が主で、現代のような複雑でデリケートな病気も病名自体なかった。だから『体質に合せて・・・』みたいな分類もなければ、治療法もなかった。

ともあれヨシカズの後頭部の傷口は、パックリ開きっ放しで治癒した。後に残ったのは、三日月形に怪しく光る傷跡であった。そして、青白く光った月夜を見る度にヨシカズを思い出すのである。

tyanbara.jpg

スポンサーサイト

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

こんな事を雑然と考えてしまいました?

訪問ありがとう。
31日は小さな記事、1日は朝日はトップ一面にでかでかと、「新大臣・遠藤農相」の「政治と金」問題が報道されておりました。
いやはや「リーク」されなければ「わからにだろう」と言う問題と「誰ががリーク」かの二重の問題が浮かび上がりました。
せっかく貴方から「詳細な遠藤氏」の政治的決意を記載していただきましたが、彼の「政治決意」の感想は、ゆっくりと考えてみます。私の感覚からは「ひっかかる」点があるからです。まとまったら記載します。

それにしても、この農林水産省とは、恐ろしき場所ですな。
全ての官庁の人事は「事務次官」が全権力を持つ。大臣ではありません。
政府は国会との「対抗・緊張関係」を持ちますから、与野党の議員を国民が選ぶ事で全権力を委譲しております。
政府は「行政」の官庁との「対抗・緊張関係」が日本にはありません。
例えばアメリカでは、政権党と大統領府の対抗緊張関係、役所と大統領府との対抗・緊張関係はあり、役所トップは、その都度「選択」されます。

政党政治、内閣システムと「民主主義」の一部は上手くいていますが、「官庁・官僚」とのシステムが曖昧のままに「政権与党と官庁トップ」の曖昧な関係が進み、官僚の縄張り維持が大手を振って「一人歩き」をしているのが「現状」ではないか、この辺が「グローバリズム」の中で政治家が「対応」仕切れない「不満」を、官僚資料によってリークされ、国民の前に「不祥事」となって表現されている、と考えております。
それにしても「官僚の持つ情報」は、使われ方では恐ろしいものと、今回の一連の農水産省問題では感じられます。
かっては、外務省の田中真紀子、鈴木氏、佐藤優氏が思い出されます。
月刊現代10月号には佐藤氏が「外務省の沖縄秘密外交」辺りの事を書き始めました。防衛省人事での不祥事と重ねれば「沖縄からグアム移転問題」と戦後史の吉田内閣「独立と軍事」が浮上し、現在の「アフガン支援問題」とも通底すると考えられます。
外交・軍事・農業と秋の空気は「流動」すると思われ、昨今の急激に「涼しく」なった事が心配でもあります。
ではまた記載します。

山形は戊辰戦争で、今回は?

貴方の訪問で農水省 遠藤氏の事を考えているまもなく、マスコミの強権的報道で世論が引っ張られて「辞任」に追い込まれたようです。
私の「泥酔HP]では、政治と金ではなく、組合問題と断わり、辞職はしなくてもよろしいのではと、記載したばかりでした。
政治資金と金が焦点で、過去に渡り記載等の点検を、と言うのが今回でしょう。
確かに組合理事長としての責任は、問えますでしょう。だが、「会計監査の件」と「農林省内での知っている部署」との妖しい関係は、どうするんでしょうか?
民主党など組合から推薦しての「代議士」なども「身体検査」が必要な時期でしょう。政権をとったときに「慌てて」にならなければ、と人事ながら書きとめておきましょう。

もはや「この省」は、「農地政策」の「鎖国か」「開国か」を巡っての官僚と政治家の「内ゲバゲーム」になってきたようです。
山形は戊辰戦争では、薩長にやられました。
今回もでしょうか?

長州・阿部(丸)も、沈没の危機?

訪問有難うございます。

正直私は、この「政治と金(利権構造)」ことに関しては、もううんざりと言う気がしています。
国政を監視する国民として良くないことかも知れませんが、金太郎飴ですよ、これは。

農水省(ここに限らずですが)のどこを切っても、50歩100歩。
いっそ、民間かまったく関わりのない人間が納まった方が、と思います。
あの彼の「政治理念」を見なければ、「いつものあれか」くらいにしか
思わなかったでしょうが、それにしてもどこからああいう理念が、
平然と言えるのか。

うんざりしているのは、相も変わらず「泥試合」していることです。
国民のことを考えないばかりか、問題山積の国政をどうするのか
彼らは本気で国のことを思っていないのでは、と思えるのです。

戊辰戦争で薩長にやられた山形。
山形はやられたけど、長州・阿部(丸)も、沈没の危機?

何にしても、相変わらず官僚に牛耳られている永田町です。

織田裕二の司会のこと。

コメント、ありがとうございます。

いや~、まいったねえ、あれ! 「あれ」が映ると、急いでチャンネルを変えていた。

あの浮き具合に嫌悪感を持っていたのは、ぼくたちだけではないと思う。ぼくはやったことないけれど、よく、放送局に抗議電話電話なんかかける人、いるでしょ。だから、きっと抗議の意見は局にはいっていたと思うんだ。

だから、途中からでいいから、あの興奮しまくったおしゃべりをやめて欲しかった。

また「あれ」を観させられるのかと思うと、ゲンナリして観るのをやめようかと思ったことも何度もあったから。


遠藤辞任の件で、盛り上がってますね。

そもそも官僚とか公務員って何なんでしょうねえ。よく政治家が「事務方」という呼び方をしていますが、たんなる「事務担当者」とは思えないところがある。

なんとなくだけど、相当古い職業のような気がするなあ。中国の宦官、これも官僚ということになると思う。となると、官僚は民主主義なんかより、はるかに古くからあるものだということになる。

根は深いと思うなあ。

「官僚」と「宦官」

コメント有難うございます。

織田裕二の件、今となってはあまり思い出したくないのですが、
「踊る大捜査戦」の最初の頃、役柄としてのキャラが結構好きでした。
が、いかりや長介氏が亡くなって「踊る大捜査戦、もうやらない宣言」した時、人間性の嫌な部分を見てしまったような気がしました。
見たくなった部分です。

見たからには、もう忘れようがありません。
それから後は、先入観も手伝って露出される度に嫌悪感を感じていました。
世界陸上の時など、競技は好きで見るのですが、
画面がスタジオに切り替わる度に、チャンネルを変える。
やってて自分で「アホらしく」なっていました。


エンタケ辞任の件は「嫌気」と通り越して「吐き気」がします。
いや、エンタケだけでそうなったのではありません。

未熟な総理秘書官のせいにして、50年分の腐り切った汚物を
隠したままにして、国民を欺き続けていたとは・・・。

「官僚」と「宦官」をの比較は面白かった。
なるほどそう言えば、言えなくもないですね。面白い。
「宦官」も、もう色恋は捨ててしまっているのだから、
残されたものとして「権力と金」だけ。
永田町を陰で牛耳る霞ヶ関と、同じ構図に見えますね。
彼らは「俺らが国を仕切っている」と、本気で思っていますよ。

国民のために真面目に働く公務員に、恨まれそうですが、
恨むなら何十年も裏切り続け、治外法権をいいことに
犯罪の限りを尽くしてきた「悪しき同胞」を恨むべき。

社保庁の呆れた所業。
升添氏がどう「始末」つけてくれるか、結末次第では、
霞ヶ関のプライドが地に堕ちること必定。

甘い汁を吸い過ぎた宦官が処刑されたように、
・・・う~ん、官僚はそれでも護られているのでしょうか?



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

natsumiryo

Author:natsumiryo
FC2ブログへようこそ!
夏海 漁の
悪ガキワールドへようこそ!

FC2カウンター

フリーエリア

フリーエリア

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

翻訳できるよ!

ブログ内検索

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。