昔遊びと悪ガキ

キラキラとした別世界。・・・今考えると、これほど外の世界が魅力的に感じた時代はなかった。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忍者ごっこ

2006.09.20 (Wed)

 忍者部隊「月光」が放送されたのは、昭和39年の東京オリンピックが開催された年であったと思う。その年は「ひょっこりひょうたん島」もあったりで、テレビ小僧になろうとしていた年でもあった。しかし、何と言っても忍者部隊「月光」には勝てなかった。水木襄扮する「月光」がさっそうと画面に現われ、武器を駆使して秘密結社の陰謀に立ち向う姿は、人類の正義と平和を守る特務機関。ボクたちにとっては、まさに憧れのヒーロー集団であった。

 もっとも遊びとしての「忍者ごっこ」は、この時もう既に終わっていた。それは、たぶん小学校2、3年の頃だと思う。隣町の映画館で、市川雷蔵の忍者映画を観たのがきっかけだったような気がする。ストーリーも全く憶えていないが、矢のように走り、ガーッという音とともに木から木へ飛び移るシーンがあった。カメラが下から上へナメるアングルで、観ていると画面の端から端まで、目にも止まらぬ早さで一気に動く。当然特撮なのだが、そんなことが分かる筈もない。後日冗談好きの大人が言った。「厳しい修行をすれば、いつかできる」と。ボクたちはそれを信じた。
ninnin.jpg

スポンサーサイト

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

相当に、凝っていたみたいやなあ~。こんな実践(実戦)までは、ぼくは挑戦しなかった。
ぼくの時代で、不思議だったのは、正規の剣豪がいるでしょ、それに忍者は勝てないということ。鎖鎌だとか、一風かわった「術」はものすごく強くて魅力あるんだけど、正規の剣豪に勝てない。
空手も同じ、柔術も同じ、姿三四郎(柔道)に勝てない。
おもしろいもんです。

きましたよ~。楽しいですね~。…こんなふうにすればいいんじゃないだろうか。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

natsumiryo

Author:natsumiryo
FC2ブログへようこそ!
夏海 漁の
悪ガキワールドへようこそ!

FC2カウンター

フリーエリア

フリーエリア

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

翻訳できるよ!

ブログ内検索

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。