昔遊びと悪ガキ

キラキラとした別世界。・・・今考えると、これほど外の世界が魅力的に感じた時代はなかった。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国道という名のケモノ道。

2008.04.15 (Tue)

ボクが暮らしていた村の、更に2キロほど上った高原に春来という村がある。昭和40年前後には、まだ100世帯はあったと記憶しているが、あれから過疎化が進み、今は、70戸足らずになったと聞く。

過疎化が進めば必然的に児童数も減るわけで、20数年前に母校を訪ねた時、既に全校生が20人に満たないという話しであった。廃校寸前である。だが、廃校になったという噂は耳にしていないから、まだそれには至ってないのだろう。母校が無くなるというのは実に寂しく、悲しいことである。

さて、話しはその母校のことではない。
つい最近、オヤジから聞いた話しに、驚くべき事実があったというものである。
昭和9年以前の、オヤジがまだ小学生の時である。だから当然ボクは、影も形もない。その頃のオヤジは、国道9号線の新道が開通する前の、旧道を通って学校へ行っていたらしい。

ちなみに現在の国道は、春来村の真下をトンネルが走り、広くて真直ぐな道路になってはいるが、それ以前は、細くて、しかも土道の崖の急斜面を張り付くように上り、春来村を縫って南下し、京都方面へ向かっていたのだ。

だが、もともとの国道9号線は、実は、ボクの知るそこではなかった。
ボクが暮らしていたY村から春来村へは、曲がりなりの国道の他に、険しい山道があった。小学校の6年間、その山道を通ったのだが、オヤジの話しを聞くまではてっきり、Y村の子どもたちが短時間で学校へ通えるようにと、親たちの手で特別に開拓してくれたものだと思っていた。

国道は田舎であっても車の量が多く、危険極まりない。その上、2時間近く歩かなければならなかった。だから、多少険しいけど、短時間で上れる山道を作ってくれたのだと。だが、その山道こそが、もともとの国道の一部であったという。最大斜度45度の、殆ど崖っ淵同然の、この道がである。

ボクの家はY村の一番上にあり、春来村への入口でもあった。だから、オヤジの知る国道9号線は、ボクの家の前を通り、ボクが6年間通った崖っ淵を行きつ戻りつ、絵に描いたようなスイッチバック式のそこを上っていたのである。

村を走る国道のすぐ脇を春来川が併走している。道は、ボクの家の近くの高橋(たかばし)を渡って我が家を通り、山へ突き当たる。高橋は幅5メートルほどの危うい木造の橋で、川から10メートル以上の高さにあるところから、その名がついたのだそうだ。
余談ではあるが、我が家・夏海家は、別名、高橋で通っていた。

オヤジの通った旧国道は、まさに死と紙一重の秘境なのだ。その道を、トラックもバスも走り、人も牛馬も通る。あまりに険しく、時には切り返しに失敗して転落した車も珍しくはなかったらしい。

オヤジの話しを聞きながら、ふと思い当たったことがあった。
ボクが小学生の頃、毎日のように道草をしていた山道の所々に、3広(約5メートル)ほどの道らしき跡が交錯していて不思議に思ったことがある。
かつて、木材を運搬するために使われていたのだろうくらいにしか思っていなかったが、まさかここを国道として使っていたなどと、思いもよらなかった。

山の急斜面をL字型に削り、緩やかに下っていき、急角度で切り返す。それを何度も繰り返す内に我が家の裏手の田んぼの上に出る。ボクは、その不思議な空間を6年間、徘徊した。

あの時点で20年も放置されていたのだから、既に雑木林に飲み込まれてはいたが、確かにそこには、轍らしき跡がかすかに残っていたことを憶えている。
ボクはそこで、野生の栗や山ぶどう、あけびを採りつつ、ボクもまた野生化していった。

以前勤めていた会社に、ある時、広島東部の諸毛(もろけ)という部落から、新入社員として入社してきた。彼の村は、国道はおろか山道すらないケモノ 道を這い、町へ出てきたのだと聞かされ、思わず大笑いしてしまった。自分のことを思うと笑えない話しだけど、笑わずにはいられなかった。

nakanoyama.jpg


スポンサーサイト

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

女将の・・・

ほのぼのです。ずいぶん前のコメント本日発見いたしたしだいです。ごめんなさい、です。
春木小学校に通われたんですか? 私は温小です。懐かしいおはなしにちょっと嬉しくなっております。
「のどぐろ」はとても美味しいですよ。

私もむかしの話、といっても自分のことですが、ちょくちょくかいております。

また、覗いてみてください。

温小と言うことは・・・

ほのぼのさんへ

そう、春来小学校です。
あの頃は、全校生でも60人ほどでした。
よくソフトボール大会で温小に行ってました。
いつも負けていましたが。

温小と言うことは、つまりその後は温中ですよね?
その先は聞かない方がいいですよね。

特に、私の方はちとやんちゃでしたから・・・。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

natsumiryo

Author:natsumiryo
FC2ブログへようこそ!
夏海 漁の
悪ガキワールドへようこそ!

FC2カウンター

フリーエリア

フリーエリア

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

翻訳できるよ!

ブログ内検索

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。