昔遊びと悪ガキ

キラキラとした別世界。・・・今考えると、これほど外の世界が魅力的に感じた時代はなかった。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビー玉

2008.06.27 (Fri)

太陽の光を透してキラキラと光った時、宝石でも見ているような気がした。
ラムネのビンのくびれた部分にある、あのガラス玉のことで、ビー玉遊びのことを、ボクの田舎では「ラムネ」と呼んでいた。

ビー玉は、文具店の奥でも駄菓子と混じって売られてもいたが、ボクが一番楽しみにしていたのは、お盆の送り日にあるお祭りの、霊を送る行事・施餓鬼で行われた夜店だった。神社の境内のド真ん中に櫓が組まれ、それを取り囲むように屋台が並んでいた。

ビー玉、メンコ、おもちゃのピストルと赤い渦巻き状の紙に火薬を貼り付けた煙硝弾、綿菓子、クロボー、リンゴ飴・・・。わずかな小遣い銭を握りしめ、ニッキ棒をなめながら、何十周も屋台を回った。


ビー玉のルール
(1)1の穴からA線に向かってビー玉を投げる。
  線をオーバーせずに一番近い者から順にプレーできる。
  (aが近いので、a→b→cの順に)
(2)A線から1に向かって順に投げる。1投目はどんな投げ
  方でもかまいませんが、線を踏まないように。
(3)A線から1まで約2m、各穴の間隔は約1.5m。1の穴か
  らは、写真の持ち方で、次の穴に向かって玉を弾く。
  1→2→3→2→4→2→5→2→3→2→4→2→1→A線の順に回る。
(4)たとえばa→b→cの順番に行ってcが入ったとします。
  その場合は続けてプレーできる。
(5)また、穴の近くにあるaを自分の玉で弾き飛ばし、
  遠くへ追いやることができる。そして、再び穴から次の
  穴へ再スタートできる。ただしaに当たらなかったら、
  止まった位置で順番を待つ。
(6)cは穴の近くにあるaかbを自分の玉を使って穴に落とす
  ことができる。
  落とされた玉は休み(穴の中で順番を待つ)となる。
  穴1~5は休みの回数。つまり、3の穴は3回休みという
  ことだ。
  自分の玉が入っても休みになる。
(7)全部の穴をクリアして、A線に戻ることができたら、
  次は無敵になる。A線から再度放たれた玉は、プレー中
  の玉を追いかけ、当てるとその場でゲットできる。
  残された玉は、ひたすら逃げながらのプレーになる。
ビー玉の絵.gif

スポンサーサイト

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

No title

ありがとう。

ははははは…。たしかに、まだ使ってない「幸運」は、いっぱいありそうだ。

でもね、案外、幸運のストックが最初からなかったりして。ははははは…。

ともかく、ありがとう。

こんばんは

ビー玉遊び、よくやりましたよ。大きいお兄ちゃんたちと・・・
いまでも、こんなんして遊んでいるんでしょうか?うちの子供たちは、あまりしませんでしたね。
知恵を使った遊びをして欲しいものです。

nineupsさん

「幸運の前髪」というのがあります。
ボクは20年ほど前にそういうのがありました。会社で色々とラッキーなことがあったり、急激に昇給したり賞をもらったり。でも、それを上手く掴みきれなかった(今思えば)。

「前髪」が掴みきれないと、幸運はスルッとすり抜けてしまうものだと、後で気がつくわけです。

その後、何かと「運」というやつを引き寄せようとした時期もあります。笑うでしょう。
でも、追いかけると逃げてしまう・・・ような。

これで追いつめられると、いわゆる「神頼み」とか「一攫千金」のようなことをして、ますます堕ちて行くんでしょうね。

ともかくだれも分からない。分かっているのは、「幸運」の数とか大きさの違いはあっても、最初からない人なんていないと思う。


ほのぼのさん

こんにちは。

そうですね、考える必要がなくなってしまいました。そういう意味で、今の子どもたちは不幸かも知れません。

ショップに行けば何でも売っているし、コンセントさえ入れれば完成度の高い遊びがすぐにできる。言いにくいこと、恥ずかしいことは携帯メールで送ればいい。

こんなんでいいのかなあと、不安になります。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

natsumiryo

Author:natsumiryo
FC2ブログへようこそ!
夏海 漁の
悪ガキワールドへようこそ!

FC2カウンター

フリーエリア

フリーエリア

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

翻訳できるよ!

ブログ内検索

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。