昔遊びと悪ガキ

キラキラとした別世界。・・・今考えると、これほど外の世界が魅力的に感じた時代はなかった。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

草笛で遊ぶ

2006.09.25 (Mon)

 時代が大きく変わろうとしていた1960年代、迷信と言うものをまだ信じる者がいた。例えば、夜、笛を吹くとヘビのつかいがくるとか、箸から箸へものを渡すと呪われるとか、夜爪を切ると不幸が訪れる、北枕で寝ると死ぬ、下の歯は屋根へ上の歯は下に投げないと生えないとか・・・。

 まぁ、あるわあるわ。信じていた訳ではないが、無視すると何となく気色が悪かったという憶えのある人はきっといるだろう。ボクの田舎にもその迷信好きなお婆さんがいて、何かにつけ迷信を連発し、ボクの行動を邪魔したものだ。

 しかし、マシなことが殆どできなかったガキの行動を封じ込めるには良い手だったのかもしれない、と今さらのように思う。
 村の青年たちに教えてもらった数々の草笛だが、音を操る快感を覚えたボクは、ところ構わず吹きまくり、お婆さんの迷信攻撃の的になってしまった。

 やがて時代の波を越え、歳を重ね、都会の生活に馴れてしまった今日、草笛はおろか口笛さえもロクに吹けないことに気付いてしまった訳である。
kusabue.jpg

スポンサーサイト

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

このコラムで感じたことは、椎名誠っているでしょ。この感じを少し感じました。よく考えると、違うのかもしれないけれど…。

以前のコメントで書いたことあるけれど、頑固ジイサンvs悪ガキ、迷信バアサンvs悪ガキの構図は、ほほえましくも、おもしろいものがある。このあたり、うまいエピソードがあれば膨らましたら?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

natsumiryo

Author:natsumiryo
FC2ブログへようこそ!
夏海 漁の
悪ガキワールドへようこそ!

FC2カウンター

フリーエリア

フリーエリア

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

翻訳できるよ!

ブログ内検索

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。