昔遊びと悪ガキ

キラキラとした別世界。・・・今考えると、これほど外の世界が魅力的に感じた時代はなかった。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寂光院

2009.11.29 (Sun)

(昨日のつづき)
otonashi02.jpg


三千院にガッカリして這々の体で、人並みを逃れ

そのまま来迎院(らいごういん)の方へ向かった。

商店街はパッタリとなくなり、人も極端に減った。

勝手神社、来迎院の紅葉は実に美しい。

そこから暫く山道を歩くこと20分。

音無の滝というのがあった。


otonashi01.jpg


冷たい風が時折かすめる。

紅葉を楽しむという本来の目的が、やっと果たせた気がした。

音無の滝からの坂下りは速攻であった。

すばやく三千院の人混みをすり抜け、商店街を走った。

そして367号線を横切って、そのまま寂光院へ。


jyakkou01.jpg

寂光院の山門。

放火によって全焼した本殿とは違い、年月を重ねた苔が

見事に輝く。

ここは、天台宗の尼寺で寂光院・玉泉寺という。

聖徳太子縁の寺だ。


jyakkou02.jpg



スポンサーサイト

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

No title

こんばんは♪
お寺に紅葉が近くて、よろしいですね。
静かな、風景がいいですね。
リフレッシュできましたか?

No title

ほのぼのさん、おはよう!

リフレッシュできましたよ。
紅葉見るのもお寺を散策するのも、できれば静かな方がいいですね。
人ごみの中は、どうもね。

No title

こんばんわ
え~~~滝があるんですか???
20分も歩くなんて
私には出来ないかな???
京都忘れた おばさんです。

No title

fumiko1177さんへ

滝、ありましたよ。音無の滝(おとなしのたき)。
三千院から1キロほど東の山の中です。
20分で驚いたらいけませんよ。普段は2時間歩いてます。これ普通。

No title

大昔、ここにデートで行ったことがあります。ぼくは東京から帰ってきたばかりでよくわからなかったのですが、彼女が連れて行ってくれたわけです。


「寂光院」近くのお店で、コタツでお酒を飲んでいた記憶があります(まだ、昼だというのにね)、その後の記憶もあります。

もひとつ。ぼくの後輩が大阪に転職してきて、彼と一緒にこのお寺にきたことがありました。ぼくが案内したのではなく、彼が行きたかったのに、ぼくが同乗したという感じです。

寂光院の直近の道は狭く、くねくねしていた。で、彼の運転する彼の車が何かにドスンとあたった。あのあたりのお店はチープなお土産も売っているんだけど、店先には高価な石材みたいなものも置いてある。それにぶつかり壊したわけです。

そのときは休日ということもあり、後輩はそれまでとは違う手さばきの運転技術で、その場を離れた、つまり逃げたわけです。あとは梅八あたりで飲んで、そのときのプレッシャーを語り合ったというようなことがありました。

ぼくの場合、このように寂光院も散文的な記憶しかありませんが、こういうこと自体が寂光院の記憶としてあります。おもしろいでしょ。

No title

さんきいちさん

久しぶりですね。相変わらずですか?

なるほどあそこは道はたくさんありますけど、どの道も狭くて車など殆ど見ませんでした。ボクは徒歩でしたので車がどう通ってあそこに行き着くのか、検討がつきません。
京都バスの終点からは、東西に。東は三千院、西が寂光院。バス停からは、いきなり町家の中の道を抜けて、ちょっと広めのあぜ道みたいなところを、更に抜けて、一本だけ車がすれ違えるほどの道を横断したと思います。そこにお茶を売ってるお店がありました。
傍を通ると、強烈なお茶の香りがしました。

後は、帰ってから・・・

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

natsumiryo

Author:natsumiryo
FC2ブログへようこそ!
夏海 漁の
悪ガキワールドへようこそ!

FC2カウンター

フリーエリア

フリーエリア

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

翻訳できるよ!

ブログ内検索

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。