昔遊びと悪ガキ

キラキラとした別世界。・・・今考えると、これほど外の世界が魅力的に感じた時代はなかった。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

方言の話し(その2)

2010.01.02 (Sat)

方言は実に面白い。中でも関西弁は際立っている。長年、大阪で暮らしていて分かったことだが、大阪人は自分たちの使っている言葉が、決して方言だとは思っていないし、どうも自分たちの言葉が、いわゆるスタンダードだと思っている節があるようだ。

本来は大阪の話しをする方がウケるのだが、ここでは生まれ育った但馬地方の話しをしたい。

ボクは小学校の頃、標準語の教育を受けていたので、普段、生活語としての方言を使いながらも、つとめて標準語を意識して育った。そういう習慣があったこともあって、田舎を離れてからも比較的早いウチに、新しい土地に馴染めた。

方言のひとつの特徴は、語句あるいは語彙が、ある時点で合体して短縮されるか、複数のそれが潰され、全く特異な言葉へ変化していることだ。しかし、地方地方で違うというのではなく、どこかで共通しているものがあるという点だ。

たとえば但馬地方で使われている言葉で、「・・・だらー」というのがある。「・・・だらー」は「そうだろう」の意で、この言葉は備後地方では「そうだらー」となっているようだ。

ここで但馬の方言を、憶えている限り並べてみよう。特異と言えど聞いてすぐに分かる言葉と、全く分からない言葉がある。たとえば「おみやぁー」は「お前」、「わけーもん」は「若者」、「こめー」は「細かい、あるいは小さい」で、分かりにくいのは「おせ」とか「うら」などである。「おせ」は「大人」の意で、「うら」は「私(これは主に、かなり年配のおばあさんが言っていたが、今は殆ど耳にすることはない)」。

その他に、関西弁と同じ「あかん(「いけん」という人もいる)」は「いけない」、「あはぁー」は「バカ」、「いかーで」は「行こうか」のことで、「いがむ」は「歪む」、「いごく」は「動く」、「いぬる」は「帰る」、また「いんだ」は「帰った」、「えー、わりー」は「良い、悪い」、「おとろしい」は「恐ろしい」、「かーた」は「買った」、「くらがす」は「殴る」、「こそばいー」は「くすぐったい」、「さらえる」は「空にする」、「しゃった!」は「しまった!」、「すいー」は「酸っぱい」、「じゅるい」は「ぬかるんでいる」状態のこと、「だりー」は「だるい」、「たんま」は「たま」、「まつべる」は「片付ける」とか「まとめる」の意、「なんだいや?」は「どうしたんだ?」であり「なんだ、そんなことか」と言うかわりに、また「なんだいや」と応えるのだ。

ボクが子どもの頃に使っていた言葉に「てんがー」というのがある。「てんがー」は「ふざける」とか「でたらめ」のことであり、だいたいこの言葉はケンカの時によく使った。

また、「眠たい」が「ねぶたい」、「挟まる」は「はさかる」、「違う」は「ちゃう(これも関西と同じ)」、「汚い」は「ばっちー」、「びり」が「べべた(これまた関西弁と同じ)」、「壊れる」が「めげる」、「偏屈」のことを「へんこ」と訛ってしまうのだ。

特異的「逆語」として、文字の一部をひっくり返した言葉がある。普通「身体」のとは「からだ」と言う筈を「かだら」と言ったり、「逆らう(さからう)」が「さらかう」と言う人が稀にいた。これらの逆語が、どういう過程でそうなったのかは分からない。が、恐らくより強調し、印象づける場合に使われたのではなかろうか。

もっともこれらの言葉は、ボクが子どもの頃、耳にしていた言葉であり、現在はあまり使われていないようだ。

(第3弾につづく)




スポンサーサイト

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

No title

こんばんはぁー
方言って、微妙ですね。
ちょっと、違うところもあるだらぁがー
ですか。。。。
湯村と春木で。
今年も、よろしくねぇ。

No title

あ~~~
私の言葉????
ゆっくり しゃべりたいけど
早口でね>>>>>
晩なりまして
はよ~~~ねら~~なあ~~~~~

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願い申しあげます。

去年の年末は、ゴミコメントによってご迷惑をおかけしました。申し訳ありませんでした。ゴミコメントも最近は止まっているみたいなので、またうまくいくことと思います。

No title

ほのぼのさん

文化っていうのは、いつも動いてるから湯村とも違うかも知れませんね。ウチの田舎は「地」の人が多いし、湯村は色んなところから集まっている文化でもあるので、変わっていったかも知れません。
遠い昔の話しです。

No title

fumikoさん

湯村とも浜坂とも、たぶん違うところはあるんでしょう。但馬地方って言いましたけど、大雑把過ぎましたか。40年も離れていると、たまに親戚のオバさんなどと話しする時、分からないことがたくさんあります。

No title

nineupさん、おめでとうございます。

ゴミコメント、最近は殆どありませんね。
こういうのはノーサンキューですが、なければないでまた、不気味ですね。はははは・・・。
当初は、削除する度に「ドタマすり潰したろか!」なんて思いましたけど、ああいうのは「無反応」に限る。

まっ、今年もよろしく。です。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

natsumiryo

Author:natsumiryo
FC2ブログへようこそ!
夏海 漁の
悪ガキワールドへようこそ!

FC2カウンター

フリーエリア

フリーエリア

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

翻訳できるよ!

ブログ内検索

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。