昔遊びと悪ガキ

キラキラとした別世界。・・・今考えると、これほど外の世界が魅力的に感じた時代はなかった。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出した答え。

2010.02.27 (Sat)

今、27日の午前3時30分である。
この時間帯に起きているのは・・・、いつからだろう、本当に久しぶりである。いつもはどんな状況でも寝られるのが特技であるのに加え、一年前から昼夜のサイクルが逆転して、今頃は夢の中の筈なのだ。ところが何かを考えだすと、途端に眠れなくなることがある。年に一度あるかないかであるが。

今夜はその日である。
たとえば、いいアイデアやいい物語が浮かんだ時。その逆に、煮詰まってしまい、出口が見えなくなった時。つまらないことで誰かと衝突して、痼りになってしまった時。そして・・・


話しは飛ぶ。
まあその話しはいいとして、人間、生涯「この人のためなら」と思える人物に、何人出会えるのだろうかと思う。もちろんその人のために、命を賭けるというのではない。何かをしてあげようなんて、大それたことも考えていない。

どんな人物かとの問いに答えるのは難しいが、ともあれ親友的存在とも違う。身内へのものとも違う。身勝手な言い方をすれば、精神的な支柱であり、それを持っていることの安らぎである。つまり、存在そのものが安らぎなのかも知れない。

ボクは過去に、大きな失敗をしている。
仕事を覚え、仕事に自信ができ、職場で責任ある立場に立った時、自分自身を過大に評価してしまうとこがある。小さいな人間がよく陥る「自信過剰」というものだ。何でも自分が世界を回しているのだと、とんだ勘違いをする。自分の考えることが総て正しくて、異を唱えること自体「けしからん」と。極論ではあるが。

それほど極端ではないが、30前から30半ばのボクはそれに近かった。「仕事は辛くて厳しいもの」をスローガンにし、下手な仕事をすれば、大勢の前で詰り、恥をかかす。徹夜で作った作品を面前で叩き付け、破ったこともある。約束を守らないからと、時として手を上げたこともあった。

「虎の穴」のように何日も徹夜し、風邪をひいたくらいでは休ませない。男も女も関係なく。親からの苦情を何度受けたか知れない。「オレがやっているのだから」という思い上がりがあったのだろう。それに気がついたのが40歳に近づいたころであった。

もう10年ほど前に他界されたその人物に、一言いわれた。「人の操縦法」についてである。どう言われたか、ここでは敢えてのべないが、ボクが勘違いしていた多くがそうであった。仕事の厳しさはある程度あった方が良い。「遊びながら仕事を」という人がいる。実はボクもそうなんだが、そんな仕事は・・・、まずない。要は気持ちの持ち様なのだ。分かっている、そんなことは。

人を動かしたい時は、人を動かそうと思うな。
心の中は開けっぴろげでよい。格好をつけるな。
話しを聞いて欲しい時は、相手の話しをまず聞け。
約束と責任には、命をかけろ。
他人のことをとやかく言うな。
言いたくなればケツの穴を晒せ。
(もちろん一度もないが)

そして、(フラフラと)ブレるな!

「この人のためなら」と思った人物から貰った一言で、ボクは180度変わった。変わって、出てきた答えがこれであった。
亡くなって10年経っているが、未だ鮮明に記憶されている。たぶん、命が尽きるまで忘れないだろう。


スポンサーサイト

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

No title

私なんか 夜中に目がさめ
困っています。
年に一回なんで 羨ましいです。
人間って できた人って
少ないのでは!!!私なんて
何歳になっても切れてしまいます。
良い友達恵まれて 良かったですね。
うぬぼれ 自信過剰なかったら
進歩しないと思うけど!!!
その 言葉心にひめている貴方は偉いと
思います。

No title

こんばんはぁ^^
お仕事、よく出来たんですね。
世間にも認められていたんですね。
でも、仕事は一人ではできませんから。。。。
皆が、よくなることが一番の目標ですね^^
で、今は、夏海さん、一人の力ではお仕事
してないのですね。それがいいよね^^

悟り

 夏海 漁さん 
悟りましたか! ジイジいまだに悟っとりません 悟りを開くには・・・
生涯に親友を何人もてるかも大事ですよね
半世紀以上も続いとる友、自分より若い今の生活の中の友 ありがたいことです。

No title

fumikoさん

向こうは天気が悪くて、一旦帰ってきました。
日曜日からまた、暫く行くことになります。
ということで、今週は大阪です。

>うぬぼれ 自信過剰なかったら ・・・

うん、それは言えますね。確かに、確かに。
サラリーマンなら、多少尖っても、後ろに会社というものがあるという安心はあると思う。
けど、ボクなんかはフリーですから、「嫌われたらアウト」。景気が悪くなってからは、異常になったよ。


No title

ほのぼのさん

会社が後ろにあるっていうことは、ある意味、すごく心強い。これは独立してから、改めて思ったこと。
だから、ガリガリやっていても平気でしたけど、そういう意味では、最近の若い子は、はっきり言ってダメですね。
持て余すほど尖っている方が伸びるんだけどね。

No title

yoshijiiさん

いやいや、悟ってはいませんよ。
お恥ずかしい。
悟った人間が、こんなエラそうなことは書きません。書きながら、自分に言い聞かせる。そんなところですか。ボクは意思が強くないし、有言でないと実行できないのですよ。

友人は、そこそこいますが、本当の「友」というのは、なかなか難しいものです。何か極意はありますか?


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

natsumiryo

Author:natsumiryo
FC2ブログへようこそ!
夏海 漁の
悪ガキワールドへようこそ!

FC2カウンター

フリーエリア

フリーエリア

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

翻訳できるよ!

ブログ内検索

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。