昔遊びと悪ガキ

キラキラとした別世界。・・・今考えると、これほど外の世界が魅力的に感じた時代はなかった。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モッコモコ肉まん

2010.04.30 (Fri)


sikourou1.jpg


昨日、長田で焼き肉のタレ買った帰りに

「四興桜(しこうろう)」に寄りました。

「四興桜」っていうとご存知の方は多いと思いますが、

はい。肉厚のモッコモコ肉まんの店です。

阪神・元町下車すぐ。

古くて小さくて、あまりきれいではない店だけど、

肉まんは美味しいぞ!

sikourou2.jpg


ウッハウッハ・・・


sikourou3.jpg


ゴ チ ソ ウ サ マ デ シ タ !!


sikourou4.jpg




スポンサーサイト

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

十二単に美味しさの秘密をみた

当たり前だろうが、具は美味しいと思う。貴君の審美眼を信じているからだ(残念ながら食べたことがないのが悔しいとはこういうことだろうと思っている)。
写真をゆっくりと(涎をたらしながら眺めれば)、どうやら貴君が美味と推薦する「秘密」にたどり着けたような気分がする。
この「美味しい具」をそっと抱きかかえる「衣服」にあるなと気がついた。たんなる衣服ではなく、何層にも重ねる辺りに、平安時代の十二単の貴婦人の中味を見つけ出す為には一枚ごとに脱がさねばならない。美景の裸体は「すぐに」現出しては「エロチズム」ではない。若い女性の「薄い一枚物の服装」は、美しさとは逆の「動物的な」退行現象だと僕は考えている。だから「若い男」は自分の種を残す情熱から離れて、女性と言う動物からも離れていくと思っている。
肉マンの美味しい具にたどり着く時に、私の歯は、微妙に優しく包み込む皮の一枚、一枚をそっと切りながら、貴婦人の裸体に近づく慄きに、口中は、きっと震えていると思う。
残念ながら具体物に遭遇できない(貴婦人も然り)わが身を悲しんでいる今日この頃です。

No title

泥酔さん

貴兄にかかってしまうと、単なる大衆食もこうなってしまうのかと、感心しました。
とはいえ、確かに美味い。美味いですが、宮崎駿氏の「千と千尋の神隠し」に出てくる両親の、豚になっても気づかなくなるほどのものではありません。はっきり言えば、ボクは具より外の「衣」の方が好きでして、「具」なしで、いわゆる「蒸しパン」状態でもいいのです。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

natsumiryo

Author:natsumiryo
FC2ブログへようこそ!
夏海 漁の
悪ガキワールドへようこそ!

FC2カウンター

フリーエリア

フリーエリア

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

翻訳できるよ!

ブログ内検索

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。