昔遊びと悪ガキ

キラキラとした別世界。・・・今考えると、これほど外の世界が魅力的に感じた時代はなかった。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元・大阪球場

2010.05.21 (Fri)


もう20数年も前だったか、

ボクたち草野球チームは、この球場で何度か試合をした。

そうだ、あの頃はバブル経済のまっただ中で

同業者や関連業者間で、壮大な大運動会を

この球場でやったことがある。

あの南海ホークスの本拠地でもあったここは、

「なんばパークス」という、巨大な複合空間になっている。

パークス.jpg


大阪のど真ん中にある球場が消えることの悲しさはあった。

何か、大阪の誇りとか象徴とか自信、光り、中心を

ズドン!と失ったような気がしたものだ。



だけど今は違う。

細かいことはヌキにして、この空間がお気に入りのひとつになっている。

人の多い商業空間に入ることは滅多にないけど、

この「なんばパークス」の入り口にある左側の階段を上ると

都会の慌ただしさを忘れさせてくれる。

階段の両脇、休憩地、各フロアの緑地帯には

折々の草花が手入れされて、ささくれ立った心も癒される。

赤い花.jpg

白い花.jpg

花の畑.jpg


てっぺんまで上る。

生け垣に囲まれて、殆ど気がつかないが、実は農園がある。

「アーバンファーム」という。

たった2坪だけど、20区画もあって、

何年も先まで予約が埋まっているらしい。


転記>

都会で菜園作業を楽しむことができるアーバンファームは、なんばパークスの開業と同時に開園。これまで延べ121人が利用しており、近年は全20区画に対し約150件の応募があるという。除草や水やりといった日常管理は管理人が代行するため、利用時間内であれば好きな時間に作業ができるのが特徴。スタッフによる菜園作業の指導を受けたり、更衣室やシャワー室を利用することも可能。ロッカーやユニホーム、道具などの貸し出し(有料)も行っており、「手ぶらで来園し、気軽に作業を行うことができる」(同園)。

 6回目となる今回の募集は、来年4月1日~2010年3月10日の利用が可能。1区画は2坪。年間会費は50,400円(土壌改良費=12,600円、区画使用料=月額3,150円)。苗代、菜園用土代、肥料代などは実費となる。ホームページまたは郵送で申し込みを受け付けており、締め切りは来年1月31日。応募多数の場合は抽選となる。

 募集に際し、現地を直接見ることができる「アーバンファーム見学会」を開催。日程は12月21日14時~、来年1月18日14時~の2回で、先着20人限定。問い合わせ、申し込みはパークスガーデン事務局(TEL 06-6647-0092)まで。

ファーム0.jpg

ファーム.jpg

「アーバンファーム」盗み撮り?




スポンサーサイト

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

No title

難波パークスに農園あるなんて
知らなかったです。
へ~~~だね
それにしても 高い農園
ですね。

No title

fumikoさん、こんばんは。

たった2坪で年間5万円。たぶん、それに苗や種、消耗物には別途実費がプラスされるから、10万近くなるでしょうね。
高いワーーーーッ。

No title

パークスのような建築デザインこそ未来都市だと思うな~~
都市暮らしで菜園を楽しめるなんて最高!
こんな都市なら住んでみたい。
でも高すぎはNGだ(><)ノ

揺れている

上空からの風景、まるで御伽噺のような人工的な現代だ。
都会の中での農業風景。これも現代的な人口の最先端だと思う。
僕は、こういう風景は受け入れていかなければならない時間にすでに入っているのだろうと思う。
南海ホークスの伝説は場所が消えて、僕らの頭の中でしか生きてはいない。野球が消えていく意味はこういうことだな、と風景から思った。でも、新たな伝説は人が生きている限り作り出されると信じたい。
僕は、自分の肉体に刻まれている記憶と受け入れざるをえない貴君が記録してくれた風景の中で、揺れている。

横レス、失礼

衣装を変えての気分一新。
早くも千客万来。
もう季節は夏ですね。
僕も遅れずに気分は「ついていきたい」ものです。

DAIKさん、こんばんは。
DAIKさんは高いとこはダメなんだ♪
秘密基地の家からは高いとこにあるでしょう。
2坪の農園でも少しは魅力ありますけど、5万は高い。

泥酔どの、こんばんは。

そろそろそういう季節になりますから、ちょっと模様替えしました。
飽きたらまた変えます。
「なんばパークス」を外から見ると、緑に覆われて、貴兄が思われたように人工的お伽噺の世界に見えますね。今思えば、大阪球場が消えたことは寂しいことでしたが、都会のオアシスになったのですから、これはこれで良かったのだと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

natsumiryo

Author:natsumiryo
FC2ブログへようこそ!
夏海 漁の
悪ガキワールドへようこそ!

FC2カウンター

フリーエリア

フリーエリア

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

翻訳できるよ!

ブログ内検索

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。