昔遊びと悪ガキ

キラキラとした別世界。・・・今考えると、これほど外の世界が魅力的に感じた時代はなかった。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

焼き鳥だ!

2010.09.12 (Sun)

おおお、忘れておった。

この間、旅から帰った時に、いち早く見付けた羽。

これは紛れもなくスズメの羽だ。

スズメの狙いはアゲハチョウの幼虫だけではなかった。

プランターに蒔いた種が何故、芽を出さないのか

それが不思議だった。

種が古いのか、土が悪いのか。


hane1.jpg


ある朝、ベランダ中が土だらけであった。

そして、プランターの土の表面にくちばしの跡が無数に。


hane2.jpg


今度見付けたら、焼き鳥にしてやる!



スポンサーサイト

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

こんばんわ
水だけだは なく
すずめまでに やられて 大変でしたね。
食べ物なくて のことでしょうが???
お察しします。

fumikoさん、こんばんは。
前々からスズメがベランダの柵に止まって、チュンチュン鳴いていて、「可愛らしいな」なんて見ていたけど、こいつはどうも、偵察に来ていたんだと思うと、途端に「憎いヤツ! 」と思ってしまいます。

『肩のズーンとした痛み』&『机の下のグチャグチャ。どのコードが死んでるのやら生きてるのやら』―――ぼくも同じです。今、左肩が痛い(二度目くらいの感じです。何度もくるんだろうか)。机の下のコードのグジャグジャにはお手上げです(机の上もグジャグジャだけど)。

それから、焼き鳥、俺にも喰わせろ~。いや、お裾分け、お願い致しま~す。

夏海 漁様 こんにちは
雀は可愛いと見てきましたが、自分が大事にしているものを荒らされると害鳥に成り下がりますね。
このことは、お百姓がお米の収穫期に、雀を嫌う気持ちと似通っていますね。
最近雀の数が少なくなって、問題視されていますが、ここでまた夏海漁様に嫌われると、ますます舌切り雀は行く場がなくなってきます。
ここをひと踏ん張りして雀に親切にしておくと、雀のお宿に呼んでもらえるかもしれません。
ご馳走を食べた後にお土産にいただくものは、是非小さいつづら入りにしてくださいね。

ところで、以前一度だけ焼き鳥屋で、雀を食べたことがありますが、結構美味でしたね。

>ベランダ中が土だらけ・・・・どうやら身体に付いたダニを排除するために土浴び・砂浴びをしているようですね。

さんきいちさんへ

前の事務所から自宅へ移った時に、狭いスペースを効率的に考えたのが、今になってレイアウト替えが困難になっています。前は、やたらコンセントが多かったので苦労はしなかったけど、住居となればコンセントがとりにくい。電圧を使うので一カ所からではすぐにブレーカーがダウンしてしまうから、隣の部屋からも引っ張ってくる。作り付けの本棚の後ろを通してるからコードが抜けない。あちこち釘で止めてるのを抜かないといけない。やれやれ。
スズメが捕れたら焼き鳥パーティしよう!

ぶちょうほうどの、こんばんは。

貴兄もスズメ食べましたか。美味いでしょう。
ボクは小さい頃ですが、何度も食べましたよ。あの大きさですから肉は少ししかないですが、地鶏みたいな濃い味だったと記憶しています。田舎にいた頃、村の猟師さんがよくくれました。田舎の冬はすることないでしょう。多くの家庭の世帯主は出稼ぎで出ていったんですが、裕福な家庭では道楽で、空気銃を担いで猟をしていました。
イノシシ、タヌキ、野兎、鹿、野鳥など。今は禁止されていますが、霞網でカモやスズメを捕ったりしていたようです。
ちなみに、「スズメ捕り」の話しも、このブログでしていますよ。

都会の狩場、恩返し

コメントありがとう。
オーム・サリン松本事件の河野さんは、長野を離れて鹿児島での新たな暮らしに入るという記事を読みました。
僕などは「感化」されやすく、おっちょこちょいの方ですからマスコミ情報には、いつも悩まされています。
世間の暮らしの中で「常識」というヤツをしっかりと自分の中に育てていくのは、本当に大変なことだと、この年になっても反省ばかりしています。

すっかり秋の気配が増殖してきたが、この「ベランダ」の証拠品所有鳥は、秋になると太り、冬は貴重なタンパクになったと言う「時代」を知れば、やれやれ主不在で助かったわい、それにしても「餌のない」夏には助けてもらったので、お返しに冬にでも行かなければと、考えてくれれば「都会での狩場」となるかもなと妄想を増殖しております。
ではまた。

泥酔どの、コメント有り難うございました。
そう言えば、若いうちはとんがっている方が、何となく魅力があり、それを大事にした時代がありました。自分は元々とんがっていたので、すんなりとその流れにのっていったと思います。
でも、いつしか世間という規格の中で、知らず知らずに「常識人」などという、面白くも何ともない人間になってしまったのではないかと。
だから、元来のDNAとやらをできるだけ長く、維持して行こうと。しかしそれは、年とともに勇気のようなものが必要になります。理想を言えば、やんちゃなじじいになること。こんな行き方ができれば人生楽しいのだと思います。
大阪も、すっかり秋です。我が家のベランダの客人は、どうやら主の生活サイクルを知っているらしく、留守を狙ってはやりたい放題。住人が帰ってくる時間には、さっさと散って行っています。やはり焼き鳥にはされたくないと考えてのことか。

スズメの捕まえ方

夏海さん、ご無沙汰しています。
少し涼しくなりましたが、まだまだ暑いですね。

焼き鳥にしてやる!は、思わず笑ってしまいました。
せっかく育てた作物をやられると腹立ちますよね。

前にうちのブログで書いた、
酒に米を浸したものを撒いといて、それを食べて酔っ払ったスズメに落花生を撒くと、枕にして寝ている間に捕まえる…そんなうまい話はありませんが。

ねずみさん、お久しぶりです。

そんな昔話のようなの、聞いたことがありませんけど、メチャクチャ面白いですね。なんかやってみたくなります。
落花生を枕に・・・はともかく、米欲しさにスズメが酔っぱらう絵は、是非とも見たいものです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

natsumiryo

Author:natsumiryo
FC2ブログへようこそ!
夏海 漁の
悪ガキワールドへようこそ!

FC2カウンター

フリーエリア

フリーエリア

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

翻訳できるよ!

ブログ内検索

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。