昔遊びと悪ガキ

キラキラとした別世界。・・・今考えると、これほど外の世界が魅力的に感じた時代はなかった。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木曽の秋

2010.09.21 (Tue)

日曜日、久しぶりに木曽(妻籠)に行ってきました。

山の中でも残暑が厳しかった。

でも、そこかしこに秋の気配。

tumago03.jpg

彼岸花を撮影したくて来たのに、

その方はさっぱり。

あったのは中高年の旅行者ばかり。

tumago02.jpg

tumago01.jpg

町家の軒先にあった蓑傘。

tumago04

町の端にあった橋。

「大型車両は通行禁止」の札が

tumago05.jpg

水の豊富な町。

地下水は冷たく、頭からかぶりたかった。

magome01.jpg

ついでに寄った馬籠宿。

ここは復元町のせいか、妻籠に比べて

見るべきところがなかった。

スポンサーサイト

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

こんばんわ
木曾のおんたけさんですか??
いい所でしょう
空気も旨いし 水も綺麗で
朝晩は秋になりましたが・・・
日中は残暑厳しくて!!!!
腕は良くなりましたか???

fumikoさん、こんばんは。
御岳山の南、妻籠と馬籠の方です。
そこも大阪とあまり変わらず夏そのものでした。
なのにね、稲刈りがだいぶ済んでいました。
おかしいね、四季がなくなった

腕?
まったく変わらずです。
この痛み、神経に触るようなイライラする痛み。
とうとう病院に行きましたよ。
いい薬があるって。
効き目があるのかな?
もしこれで治ったら、今まで我慢してきたことを爆発させる!

夏海 漁様 こんにちは
木曽の妻籠宿に来られたのですか、それはそれは・・・・。
馬篭と妻籠を比べて、妻籠のほうに軍配を上げられた夏海様は流石だと思いました。
小生は両方の宿に泊まったことがありますが、やはり情緒のあるのは妻籠ですね。
馬篭のほうは観光地化されていて、どこかの門前町を通り抜けていくような、浮ついたところがありました。
しかし、そんなところに、もう20年以上行っていないのでもしかしたら変わっているかもしれませんね。

木の葉が色づく頃に、馬篭から妻籠まで通して歩くのも面白そうですね。

ぶっちょうほうどの、コメント有り難うございました。
古い町家とか宿場町を見て回るのが好きで、地方を旅する時は、必ず散策コースに入れます。
そうですか、両方にお泊まりになったのですか。いいですね。
小生は慌ただしく日帰りでしたから、残念ながら情緒をゆっくりと味わうことができませんでした。
馬籠でがっかりしたのは、観光地化された景色ばかりではなく、寄ったお店で、観光客相手に流暢に案内する店主が大勢いたことです。分かりやすくていいのでしょうが、何となく興醒めしてしまいました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

natsumiryo

Author:natsumiryo
FC2ブログへようこそ!
夏海 漁の
悪ガキワールドへようこそ!

FC2カウンター

フリーエリア

フリーエリア

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

翻訳できるよ!

ブログ内検索

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。