昔遊びと悪ガキ

キラキラとした別世界。・・・今考えると、これほど外の世界が魅力的に感じた時代はなかった。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

砂取り

2006.09.29 (Fri)

東京オリンピックの2年前だからボクが4年生の頃だ。その頃まだ土の地道だった国道が、やっとアスファルト舗装に改修工事が始まるということで、路肩に山積みされた砂や石がアチコチあった。

今のような大型の重機は殆どなく、半分は人海戦術で、工事現場には大勢の人夫がいた。町の人たちも駆り出されていたので顔見知りもいた。

土の混じった運動場の茶色の砂と違い、真新しい砂というだけで子供たちは集まった。大人たちに怒鳴られながらボクたちは砂取りを続けた。砂取りは、乾いている時は上手くできない。雨の後でちょっと湿っている頃がちょうどいい。

砂取りのルール

(1)砂山を作り頂上に棒を立てる。砂山は叩いて少し固めにする。
(2~3)細心の注意をはらい順番に砂を掘っていく。「積み木崩し」と
   同じ要領で。頂上の棒が動いても、倒れなければいい。
(4)最後に、完全に棒を倒した人の負け。

sunatori/.jpg

スポンサーサイト

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

これも、やったような気がする。海岸だったんじゃないだろうか。こんなにたくさんの砂が身近になかったし、小学校の砂場は鉄棒とセットになっていたと思う。

それも高い方の鉄棒。

俺の実家は山奥だっかから、海は年に一度の海水浴が関の山でした。
そう、どうしてか砂場と鉄棒はセットだった。それも高い方の鉄棒。
あの高い鉄棒から落ちた時のために、硬い土より砂の方がマシだという気休めだったのかも知れない。
小学校だけでなく、中学校もそうだったような気がする。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

natsumiryo

Author:natsumiryo
FC2ブログへようこそ!
夏海 漁の
悪ガキワールドへようこそ!

FC2カウンター

フリーエリア

フリーエリア

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

翻訳できるよ!

ブログ内検索

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。