昔遊びと悪ガキ

キラキラとした別世界。・・・今考えると、これほど外の世界が魅力的に感じた時代はなかった。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

衝動買い

2010.09.28 (Tue)

先日、妻籠宿へ行った時に、ついつい衝動買いを

してしまいました。わかります?これ。

ある仕掛けなんです。

sagari-4.jpg

sagari-1.jpg

sagari-2.jpg

上の3つは、その仕掛けの中にある「もどり籠」

下のものは「親籠」。

sagari-3.jpg

で、最後のものは「親籠」と「もどり籠」がセットされる前の状態。

sagari-6.jpg

この仕掛け、小さい頃、自分で作っていました。

長さが長いので1mほど。

この仕掛けを堰とめた川に仕掛け、川を下ってくるエモノを

誘い込む「サガリ」といいます。

外側(大きい方)の籠の奥にエサを入れます。

大きいミミズとか魚の切り身。

その臭いに誘われて入った川魚、モズクカニ、ナマズ、ウナギ

そういうエモノが入っても、もどり籠にひかかって出られない。

そう、水がきれいだった昔は、いろんなエモノがいました。


そんな遊びを、このアドレスで紹介しています。

http://asobihodai.blog75.fc2.com/blog-entry-164.html



スポンサーサイト

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

こんばんわ
うなぎ篭ではないのですか???
かにもはいるですね
竜矢 恵多はもぞくかに取名人ですよ~~~
これからが時期ですね。

こんばんは^^
うちの主人や、亡義父は、もんどり籠といってます。
すぐにわかりました。
で、どこで、仕掛けるんですか?
昔は、うちの前の川でも仕掛けてましたね。

fumikoさん、こんばんは。

うなぎ篭とは言わなかったですよ。もっとも地方によって呼び方がまちまちではないですかね。
モズクカニはこれからがシーズンでしたか。
ハサミのところに真っ黒な毛が生えているカニ。
あれ、美味しいんですよね。

ほのぼのさん、こんばんは。

もんどり籠と言うんですか?
語源に興味ありますね。
大阪では仕掛けるところがないので、実家に帰った時にと。
昔は春来川も岸田川も水がきれいでしたから、エモノがぎょうさんいましたね。

見立ての視線

立ち寄りありがとう。
お互いの利害があるのは当たり前。それでも付き合っていかなければならないという空間距離での厳しさだと最近はつくづく思います。

実に美しい竹細工。こんな繊細な細工を考え付く列島庶民の知恵は信じてよいと僕は思っています。
狭い中にガラス瓶を入れて、花などを飾る道具に見立てるのも一興だと思う。
やがて時間にもまれて利休の竹一輪指しのようになり、平成の夏海見立てと騒がれることを願っております。
壁などに花入れで使うと暮らしも厚くなると僕は思うが>

夏海 漁様 こんにちは
北関東で育った小生たちはこれを「ウケ」と呼んでいました。
これで獲れるものは、タナゴ、どじょう、ハヤ、フナ、ナマズ、アメリカザリガニ、くらいが精々でしたね。
関東平野の北端で、海からは相当遠く離れていたので、ウナギはこれには入ってきませんし、カニなんてものもいませんでした。

そして、竹製のものよりもガラス製(「ガラスウケ」と呼んでいた)の方が断然掛かりが良かったですね。

中に入れるものは小麦のふすま粉を炒って、練りこんだものがおびき寄せに使われたと思いました。

こういう竹製の漁具は伝統的で懐かしいし、それだけではなくて、民具としてだけでなく、芸術の粋に達していますね。

御衝動買いも全く共感できます。

泥酔どの、コメント有り難うございました。

>それでも付き合っていかなければならないという空間距離・・・
ボクもそう思ってはいますが、根本的な考え方(国民性でしょうが)が違うと思わざるを得ませんから、そこは建前論のみで語るべきだと考えています。何にしろ難しい問題になるでしょうね。

この「サガリ」仕掛けは、どこかで実際に使おうと考えています。
ただ、今の住環境の中では使うべき場所がないので、田舎(実家)にでもと。

ぶちょうほうどの、コメント有り難うございました。

「ウケ」ですか。なるほど、何となく分かりました。
この仕掛け、手に入れたもののサイズは60cmくらいで、入り口の広さが10cm程度ですから、小さな川魚しか入らないと思います。
昔、田舎で仕掛けたのはその倍以上はあったので、ウナギや大きなマナズ、鯉、それにハサミの部分に黒い毛の生えた「モズクガニ」も入っていました。ところ変われば、呼び名も使い方もそれぞれですね。
何年か前に「昔遊び図鑑」を出し、その中でも「サガリ漁」の紹介もしました。その後、同じ遊びでも地方によって呼び名が違ったり、遊び方も違うことが分かって、その方もと考えたんですが、本来の仕事との兼ね合いで挫折してしまいました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

natsumiryo

Author:natsumiryo
FC2ブログへようこそ!
夏海 漁の
悪ガキワールドへようこそ!

FC2カウンター

フリーエリア

フリーエリア

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

翻訳できるよ!

ブログ内検索

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。