昔遊びと悪ガキ

キラキラとした別世界。・・・今考えると、これほど外の世界が魅力的に感じた時代はなかった。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高橋定さん、拉致拘束から解放

2010.10.10 (Sun)

今日、フジタ社員の残る一人「高橋定さん」が開放された。

この数年、ことさらに中国問題には触れたくなかったのだが、

このことだけは言っておきたい。


takahashisan.jpg



中国側は、軍事施設をカメラで狙った「スパイ容疑」で

逮捕したと発表したが、ゼネコン社員がスパイなど

時代錯誤な行為をする筈がなく、また、する必要もなく

尖閣諸島の一件の、その応酬の理由づけに他ならない。

要するに、子どもじみた発想の拉致拘束以外の何ものでもない。

こうしたおこないは、「ならず者国家・北朝鮮」と

相通じるものがあり、傲慢かつ横暴なやり方は

なるほどと頷けるものがある。


国は大きくとも、いかに小さな人間かが証明された。

尖閣諸島の一件が有利か不利か、これは結果論と関係ない。

歴史の塵の中に埋もれた事実は事実である。

中国側はそれを承知した上で根拠を作ろうとした。

これを違法と言わずして、何を違法と言うのだろう。

違法なやり方をも正当化する。

それが不当だとしても、軍事行為をちらつかせて恫喝したり、

無法なやり方で拉致し、外交や商行為を妨害する。

このことはずっと繰り返され、今後もなくなりはしない。

何故かと言えば、中国教育の基本が「抗日思想」にあるから。

そうした反日主義者予備軍が、次々と生み出され

中国・中央集権一党独裁のマインドコントロール上にある。

だから、日中友好などありえないのだ。

それをよく理解した上で、冷静につき合っていくべきだろう。

それにしても、日本の政府はどうして

世界に向けて、はっきりモノを言わないのか。


スポンサーサイト

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

カネの分配は終わったか?

事件という奴は偶然にしても何かを僕たちに知らせてくれるから面白い。
尖閣で中国の態度を横柄と思う集団は、ここぞとばかり「日本的手法」から何かを仕掛けた。これに対して、どちらの集団かはわからねどもフジタが担当する「遺棄化学兵器」の仕事の予算増額を狙った。内閣府には担当部署があり一兆円という予算だという話しも流れる。従来のODA手法ではないやり方だ。
ケンカを仕掛けた中国を逆手に取り、身柄解放では合法的な「予算配分」を決める。やり手の集団が政権内部で暗躍できる下地は、どこがカネを握るかで見えてくるが、まともには見えないでしょう。喧嘩を吹っかけた集団と、中国説得に行った集団が、裏でのカネの分配で握手したことも考えられる。
実に面白い物語ができる。
僕は、政治村の動きは、そういうものだと理解しています。

過去現在を通じて独裁国家はどこも似てますわ。
構造がイカンのでしょうね。
情報が操作され、偏った教育を受け
自由にモノが言えなくり、言えば非国民か・・・。
このような国を平和的に改善するのは大変。
時間のかかることだと思います。


泥酔どの、こんにちは。

ともかく、フジタ社員が拘束されたのは、尖閣問題の応酬で間違いないと思います。が、その後のどちらかの画策があったとかどうとか、あり得ない話ではないかも知れませんね。ボクには読めませんが。
ODAそのものが最近問題視されているようで、中には予算誘導したがるエセODAが存在しているとか。金に群がる輩はどこの国にもあるものなのでしょう。
地下に埋もれた「遺棄化学兵器」除去作業は、旧日本軍の置き土産。時代が変わっても、日本は後始末しなければならない。中国側はこれをどう見ていたのか知りたいですね。極論を言うなら、ODAを引き上げさせるような意味で。

DAIKさん、こんにちは。

この高圧的な外交手法、対日本だけならば中国側はタカをくくっていられるでしょうが、こと周辺諸国、更に全世界を巻き込んでの外交となれば、中国の動きも変わらざるを得なくなるでしょう。
ノーベル賞問題は、一党独裁的中国のターニングポイントになると思います。面白い。
ノーベル賞受賞を拒否すれば、中国の立場を、自分自身で否定することになる。だからといって、受賞を受け入れてしまうと、中国のイデオロギーの問題にまで発展する。
せっかく「天安門事件」で多くの犠牲者を出して、民主主義思想を武力で制圧してしまったわけですから、後に引けない理由がある。
結果としては、尖閣諸島を皮切りに、イデオロギー問題に着手せざるを得なくなった。つまり墓穴を掘ってしまった観がありますね。

このさい、イグノーベル賞も受賞してほしいですね\(^∀^)/

DAIKさん、こんばんは。

イグノーベルって知りませんでしたよ。で、ウィキペディアで調べると、イグノーベルの名は、「ノーベル賞」に反語的な意味合いの接頭辞を加えたもじりであると共に、「卑劣な、あさましい」を意味する " ignoble " と掛けている、とありました。
このイグノーベルは誰が取ったの?

情報統制

大連から戻ってきました。
中国の情報統制は徹底していますね。
駐在している人も言っていましたが、海外からのニュース等を一切流していないそうです。

おいらがテレビをつけていたときにも、ときどき
映像が切り替わる不自然な状態が何度かありました。
(テロップには、電波の乱れと出ていましたが(苦笑))

お客さんの中に「尖閣の問題って中国でどうなの?」と
聞いたところ、工場のトップの人も「何?それ?」と
全く知らなかったようです。
最も、知らないふりをしている可能性もありますが。

ある中国人幹部が「これだけ大きい国だから、
一党独裁でなければ統制がとれないんでしょう。
かといって、そのひずみがいずれ出てくる。
今後、自国がどうなっていくのか不安でしょうがない。」
と語っていました。

本当にどこへ行ってしまうんでしょうか、この国は。


それにしても何で日本の議員はきちんと主義主張を
言わないのか?本当に腹が立ちます。

ねずみさん、中国からのお帰りですか。
大丈夫でしたか??? あそこに行くもの命がけですよね。
ボクは中国はいい国だと、正直思っています。見たいところはいっぱいあるし、知りたいこともある。いつでも行きたいと思っています。でも、悪いけど人間がいなければの話し。

報道規制の話しは知っています。それはずっと以前からだと、中国を脱出した友人が言ってました。
中国の中では、イデオロギーの危ういバランスが、日々揺らいでいて、政府側と反政府側の間を行き来しています。
自分の国の恥部を知っている人たちは、冷静に見ていますが、知られると都合の悪い人たちは、知らないでいる人を先導してまでガス抜きをしている。今回の一連のデモ騒動は、政府側の人間が、反政府側の機先を制したと見た方が、たぶん正しいと思いますが、どうでしょう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

natsumiryo

Author:natsumiryo
FC2ブログへようこそ!
夏海 漁の
悪ガキワールドへようこそ!

FC2カウンター

フリーエリア

フリーエリア

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

翻訳できるよ!

ブログ内検索

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。