昔遊びと悪ガキ

キラキラとした別世界。・・・今考えると、これほど外の世界が魅力的に感じた時代はなかった。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

化学着色の謎

2010.11.01 (Mon)

barabara2.jpg


土曜日、散歩の途中のある公園で目にしたバラ。

そして、今日。




スポンサーサイト

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

え~~~~
ほんまもんですか・???
綺麗 ☆
本当に謎ですか????

ノーベル賞ものですね。
一緒に大もうけしましょ(^^)b

ま、ま、マジですか?
絶対にお金儲けできます(笑)

こんばんは^^
ほんとうに。。。。謎ですね。
どうやって、作るのかなっ。
やしか、外国製だったっけ?

もはやギブアップ

写真レポートありがとう。
凄すぎる。
10数年前からバラの産業の進化が言われていた。新種の輸出は栽培されるブラジルという。新種改良はヨーロッパ。分散しての新たな産業という。緑のバラは日本の進化。でも、これはそれぞれに「色が」違う。染色体の異変だろうか、それとも「何かの」テクニックが加わっているのだろうか?
ぼく達は植物でも染色体の扱いが楽な、そして「高額な」バラで、何かを失っているのだろう、と思う。やがては「動物」に、そしてぼく達人間の「脳内の」変化を誘導できる薬物が当たり前になる前兆だろうか、このバラは。
僕は、ついてはいけない世界だ。

fumikoさん、こんばんは。
ほんまもんと思いますか?
でも、造花でもありませんね。
ちょっとしたイタズラです。


DAIKにはバレバレですよね♪
でも、交配を繰り返したら
ひょっとしてできるかも。

pm-3さんにも、バレていると思ったんですが♪
こんなんができたら、絶対に長者になれますよね。

ほのぼのさん、どうなんでしょうね。
ほんと、こんなんができたらいいけど。
でも、ここまではないけど、
明らかに人工的に交配したのが結構ありますよ。

泥酔どの
ちょっとやりすぎましたか。
合成でもここまでやると詐欺になってしまいますよね。
確かに既成種と比較すると、最近は随分と色んなバラができていますね。色だけでなく、カタチも。それから一本のバラから多種のバラができていたり。接ぎ木かと聞けば、そうでもないらしく、そこのところは企業秘密のようで、かえって謎が深まりました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

natsumiryo

Author:natsumiryo
FC2ブログへようこそ!
夏海 漁の
悪ガキワールドへようこそ!

FC2カウンター

フリーエリア

フリーエリア

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

翻訳できるよ!

ブログ内検索

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。