昔遊びと悪ガキ

キラキラとした別世界。・・・今考えると、これほど外の世界が魅力的に感じた時代はなかった。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

道具屋筋散歩

2010.11.07 (Sun)

ossan.jpg

難波の千日前辺りは、ぜ~~んぶ吉本村みたいなもの。

今日は、一人も芸人に会わなかったけど、

そのかわり、町を歩く人々がみんな芸人に見えてしまう。

この大勢の群衆の向こうが、道具屋筋の入り口。

そのアーケードの入り口が「道」って書いてあるところ。

yoshimoto2.jpg

ここはよく歩く場所。

たこ焼き、焼きそば、イカ焼き、金龍ラーメン、吉本関係のお店・・・

芸人のギャクが大音声で流れる。

yoshimoto.jpg

道具屋筋の中で一番気に入っている店(店名が分からない)

何に使うものか分からない商品。

とにかく色んなものが置いてあって、見るだけでもオモロい。

ゴチャゴチャと置いた商品のトンネルを抜けると

地下への階段がある。

オモロいものが多すぎるので、ついつい周りに目を奪われて

足を踏み外す客がおるのだろうな。

こんなテープがずっと流されている。

[広告] VPS


『階段がありますよ・・・・・』

douguyasuji.jpg



スポンサーサイト

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

訪問ありがとう

訪問ありがとう。
寒さが身に沁みる季節になりました。
言われるように最初から「流せば」よかったのでしょう。
それでも、システム上の、公務員としての「限界」は守ったのでしょう。でも、「流れる過程」でどこかが「事件を演出」したと、僕はおもう。
グーグルは、アメリカの重要な情報システムと僕は思っています。
日米合同の「演出」もありえない話しではありませんが。
さて、ぼく達は冬の「秋(とき)」を迎えているような直感だけは、老骨に響きました。

さすがは大阪ですね~。
道具屋筋なんて界隈があるんですか。
探検したら面白そうですね。

泥酔どの、こんばんは。

>冬の「秋(とき)」を迎えているような直感・・・
春が来る「冬」のそれならばいいのでしょうが、相手が相手だけに「春」そのものが幻想のような気がします。
厄介ですね。
予算委員会が始まり、例のYOU TUBE問題と外交問題で終始。そんなことは外野席でやって欲しいのに、国民感情が全く分かっていない、バカたれ議員たち。

pm-3さん、こんばんは。
大阪では「みなみ」と俗称で呼ばれています。
難波(なんば)を中心にしたエリアで、メチャクチャ面白いですよ。道具屋筋はほんの一部に過ぎません。大阪独特の雰囲気があります。この道具屋筋『商店街』は、商人の町「大阪」のためにできた商店街です。だからプロ好みの道具がいっぱいあります。

土着の大阪

夏海 漁様 こんにちは
今回の記事のところは大阪の、土着のところなのでしょうか。
実は小生、サラリーマン時代に谷町6丁目の地下鉄駅の建設で半年ほどパシリをしていた時期がありました。
近くには若島津のちゃんこ店がありました。
工事が休みのときに行くところは大阪城と黒門市場経由の日本橋であったり、四天王寺や通天閣界隈でしたね。
あのときに、もう少し大阪の街を幅広く見ておけばよかったと今になって残念に思っています。

記事で画を拝見すると、大阪らしいコテコテな感じがしますね。

ぶちょうほうどの、申し訳ありません。
見落としていました。
谷町6丁目といいますと、今私が勤めている会社のすぐ近くです。
そう言えば、どこかに若島津のちゃんこ屋がありましたね。見覚えがあります。若島津のうどん屋かそば屋は今住んでいるマンションの近くにありましたが、随分前に閉店しました。
黒門市場は、商店街の多くがシャッター通りになる今、賑わいを残しています。通天閣も以前と比べて随分変わりましたし、新世界周辺も、かつては治外法権のような乱れ方をしてましたけど、今は観光客も多いのできれいになっています。ここでも中華系がやたらと多いですが。
コテコテでしょう、大阪は。
大阪では、ゴタ混ぜのコテコテと言います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

natsumiryo

Author:natsumiryo
FC2ブログへようこそ!
夏海 漁の
悪ガキワールドへようこそ!

FC2カウンター

フリーエリア

フリーエリア

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

翻訳できるよ!

ブログ内検索

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。