昔遊びと悪ガキ

キラキラとした別世界。・・・今考えると、これほど外の世界が魅力的に感じた時代はなかった。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奈良ついでに

2010.11.18 (Thu)

東大寺.jpg

奈良のついでに、以前、こんな絵を描きました。

竹ペン+習字用の筆で。

スケッチした場所は、東大寺の裏から二月堂方面に抜け

若草山の登り口からだったと思う。

時期は、紅葉の記憶があるから秋。

しかも晩秋に近かった。




スポンサーサイト

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

若手プロの~。

若きプロの描く墨絵的な世界。
感動しました。
偶然に水彩画、中西展への協力で、いろいろと拝見し、貴君の絵に目が止まりました。
頑張って書き溜めをお勧めします。
量は質を超える一里塚。
70歳代の個展への道だと、勝手に僕は思った。
中西利雄は、残念ながら48歳。
やはり、画家の道は長命であることも必要条件だと、今回も思いました。

全てを、藤田、小磯、猪熊などを写真に保存。
公開はできませんが、個人的にはメールできます。
もしも、興味あればご一報ください。時間がかかっても「勉学」のためにご協力いたします。

泥酔どの、コメント有り難うございます。
>藤田、小磯、猪熊などを写真・・・
是非見せて頂きたいものです。
特に、小磯良平氏は昔から好きでして、ここ1年半ほどは行っていませんが、それまでは年に2、3度は神戸(六甲アイランド)へ行っています。画伯の作品を見ると、安らぎというのでしょうか、気持ちが軽くなって優しくなれるのです。
貴兄の、写散途中には願ってもない環境があるのですね。まったく羨ましい限りです。
小生の絵などは、とても人さまに見せられるようなものではありません。描き溜めたのはあるのですが。
本来は油彩が主で、過去に何度か展なることを・・・


暫らく待ってください

身辺に思わぬ課題が出現した。
写真の整理もままならぬままにしています。
暫らく時間をください。
送る時は、事前にメールをいたします。
期待を持たせてすみません。暫らくお待ちください。

泥酔どの、こんばんは。
期待はしていますが、おヒマな時で構いません。
どうか、お仕事を優先してください。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

natsumiryo

Author:natsumiryo
FC2ブログへようこそ!
夏海 漁の
悪ガキワールドへようこそ!

FC2カウンター

フリーエリア

フリーエリア

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

翻訳できるよ!

ブログ内検索

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。