昔遊びと悪ガキ

キラキラとした別世界。・・・今考えると、これほど外の世界が魅力的に感じた時代はなかった。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

厳門へ

2011.01.15 (Sat)

2日目は、自由行動にするかオプションツアーに

参加するかに分かれました。

オプションツアーに参加したのは約半数。(2/3だったか?)

千里浜なぎさドライブウェイをひたすら北上。

千里浜で散歩して厳門(がもん)へ向かしました。

厳門は、昔、松本清張のドラマを撮影した場所があるそうです。

切り立った岩の断崖絶壁。

ここを背景にして展開されたのでしょうか。


ganmon01.jpg


沖合には景林を思わせる小さな島。

あれ! 洞窟に一人の女。何か事件絡みか?


ganmon02.jpg


洞窟は上のレストハウスへ通じていて、絶えず地下水が落ちている。


ganmon03.jpg


この辺りの海岸の岩場には、天然の海苔がたくさんある。


ganmon05.jpg


レストハウスのお土産屋の前に、しろながす鯨の顎の骨が展示してある。

(なんでや?)


ganmon04.jpg


そして、事件は起こった!


[広告] VPS






スポンサーサイト

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

さて、何の事件でしょうか

夏海 漁様 こんにちは
おや、女の人が?
 さて、この場合は一体どんな事件が起こったのでしょうか?
1.女性が波間に漂っていた。
2.突然の高波で撮影中の夏海様がずぶ濡れとなった。
3.上から水滴が落ちてきてカメラが使えなくなった。
4.女性が背後霊のように真後ろに来ていた。
5.真新しいランドセルが洞窟内に置いてあった。
6.北朝鮮からお迎えの船がやってきた。

シロナガスクジラの骨は、確かにわけが判りません。
まことに「旅は不条理」ですね。(海江田万里風に)

ぶちょうほうどの、こんにちは。
この場合の女は、最期の場所を求めてきたけど、その勇気が萎えてしまった。姿も心もまさしく幽霊でしょうね。ですが、あまりにも激しい波間を見て、恐れをなした。しかし、罪を償う勇気もない。
まっ、安っぽいドラマはさておき、タイガーマスク現象、このことは時期が時期だけに、政治の世界との比喩にさえなってしまいました。票集めのためのバラ撒きしか能がない、前時代的な行政は前政権時代に散々見てきて、しかも批判政党だった筈なのにとがっかりしてしまうばかりです。
シロナガスクジラの骨、店の人もはっきり分からないようでして、随分昔のもので、見ると殆ど化石化していました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

natsumiryo

Author:natsumiryo
FC2ブログへようこそ!
夏海 漁の
悪ガキワールドへようこそ!

FC2カウンター

フリーエリア

フリーエリア

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

翻訳できるよ!

ブログ内検索

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。