昔遊びと悪ガキ

キラキラとした別世界。・・・今考えると、これほど外の世界が魅力的に感じた時代はなかった。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竹馬

2006.10.03 (Tue)

あれはいつのことだっただろう。巡業サーカスが町にやって来た時、ピエロが長い棒を足に結び、女の人を肩車しながら歩いていた。別にあれを真似て竹馬をした訳ではないが「あの高さから見て歩いたらどんな風景だろうか」くらいのことは考えた。

自分の子がケガをして構わないと思う親は、だれひとりいる筈はない。これは昔も今も変わらないが、昔の親たちは、多少のケガはした方がいいという考えがあったようだ。
随分危ないことをしたし、誰かにケガをさせたこともある。が、親は、まるで関心がないように見えて、存外、子どものことはよく知っていたようだ。

子どもは子どもで、自分のことはよく知っていて、これ以上やればどうなるかを、動物的感覚で分かっていたようだ。実際、このように二階の窓から乗って平気で歩いていたヤツもいた。擦り傷や打撲こそしたが、骨を折るとか大怪我をした者を見たことも聞いたこともない。

竹馬を作る
まず、自分の背丈より少し長目の竹を二本、長さ40cm、幅5cm程度の板4枚用意する。
竹の接地部分から約50cm上(節の上に)で2枚の板で挟み、つま先側(竹を挟んだ部分)は襷掛けでしっかりと結ぶ。もう一方のかかと側もズレないように結ぶ。これを2本作ればOK!

takeuma.jpg

スポンサーサイト

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

これも、なぜだかお正月の遊びだった。でも、二階の窓から乗るほどの竹馬はなかったなあ。せいぜい30センチから50センチというほどだったと思う。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

natsumiryo

Author:natsumiryo
FC2ブログへようこそ!
夏海 漁の
悪ガキワールドへようこそ!

FC2カウンター

フリーエリア

フリーエリア

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

翻訳できるよ!

ブログ内検索

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。