昔遊びと悪ガキ

キラキラとした別世界。・・・今考えると、これほど外の世界が魅力的に感じた時代はなかった。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幕末の志士縁の地

2011.06.09 (Thu)

なんとも写りの悪い写真だ。

ここは、実家から徒歩10分のところにある「山口護国神社」。

実家に帰る度に、必ず行くところである。


石碑には「殉節忠子の墓」とある。

新しい日本を目指した、幕末の志士たちが辿った場所である。

坂本龍馬が暗殺される4年前、

南八郎を隊長とする攘夷派志士たちは、薩摩藩士と奔走した。

しかし、池田屋事件で失敗。その後、出獄するも

奈良で挙兵した天誅組をも失敗に終わり、

但馬の国生野で再起を図ったのだが、ここでも失敗に終わった。


nii-1.jpg

nii-2.jpg


「議論より実を行え なまけ武士、国の大事をよそに見る馬鹿」
(南八郎)

腐り切った徳川幕府から日本を救おうと。



幕府から追われた彼らが行き着いたのが、ここ「山口村」であった。

追いつめられた彼らは、この地で自刃した。


nii-3.jpg


平野国臣の碑がある。

彼もまた、幕末の志士である。

彼の最期は、南八郎らと伴にしながら、ついに捕らえられ、

京都の六角獄舎に投獄。後、禁門の変の火災を口実に

殺害されたとある。



この「山口護国神社」は、戦没者の慰霊が祀られた地でもある。


nii-4.jpg

nii-5.jpg




スポンサーサイト

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

コメント、ありがとう。

<最近、ちまたでは「メニュー屋」という言葉が、密かに‥>

―――そうですか。知りませんでした、この言葉。でも、感じはわかる。

で、なんとなく、ぼくはこの言葉で「D」を思い浮かべるところがあった。金力があって、いっぱいメニューを提示する。で、どんな無理なメニューでも、それを実現させるのは「D」以外のところ。

「東電」も同じように思う。東電幹部は安全な東京で、(詳細は知らないものの)放射能を浴びて頑張っている、その「実働部隊」は協力会社、つまり派遣社員が多いんだろうと思う。

「メニュー屋」の特徴は、「成功すればボクのもの、失敗すればアナタのもの」とでもいうようなところがある。―――無責任だけじゃなく、もっと悪質だと思うなあ。

この返事、遅れて、すまんすまん‥です。


昔、名所紹介の記事を書いたり考えたりしたことがあります(そんな仕事があった)。

―――この夏海さんの文はうまいなあ。感じたこと。

さんきいちさんへ。

色々ありますね、お役所体質のあるところには、何でも丸投げして楽して稼ごうとする。「D」はお役所じゃないけど、企業というのは、大きくなればなるほど、官僚的な考え方になるし、それぞれが責任をとらないようにしているふしがあります。

弱小企業に丸投げして、下請け孫請けその下が泣かなきゃならないようになっている。バブルの頃はまだ、仕事があったからよかったけどね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

natsumiryo

Author:natsumiryo
FC2ブログへようこそ!
夏海 漁の
悪ガキワールドへようこそ!

FC2カウンター

フリーエリア

フリーエリア

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

翻訳できるよ!

ブログ内検索

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。