昔遊びと悪ガキ

キラキラとした別世界。・・・今考えると、これほど外の世界が魅力的に感じた時代はなかった。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャップのロケット

2006.10.10 (Tue)

俺は今、ヤツの頭を跨いでウンコをしたいと思っている。テメーの住む「山」が滅びるのを承知で、チンケな実験をとうとうしてしまいよった。まれにみるアホじゃ。ブーーーサイクな小男。あいつを鎖で繋いで、みんなでウンコをひろうではないか。(まだ言い足りないが、別の機会にということで)

まあ、それはさておき、ボクたちは理科の実験として小学校の運動場でしたような気がするこの遊びは、実際のところはっきりしない。と言うのは、ワルガキが実験という理由をつけて頻繁にやった遊びでもあるから。しかし子供なりに場所は選んでいた。広い河原とか石切場や浜である。こんな危ないことをよくやったものだと今でも思う。今は監視の目が至る所にあり、すぐに警察行きだろう。かつては親たちも忙しく、子供なりに親の目が届かないところをよく知っていて、ある意味野放しの状態だった。

キャップのロケットで遊ぶ
鉛筆の芯が折れないように保護するためのキャップである。長さ4cmほどのアルミ製で、鉛筆を差し込んだ時に融通が利くように細い切り込みがあった。
キャップの内部にマッチを詰め込む。軸の先端(火をつける側)を外に見えるようにする。レンガか安定した石の隙間の上に置き点火する。何があっても責任は負わないよ。

kyappno.jpg

スポンサーサイト

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

よっ! 俄然、過激っ!

あれって、ユスリ・タカリの身過ぎ世過ぎをやってるわけで、神経つかうだろうなあと思う。いつもギリギリの線でやっていかねばならないんだから、ぼくならギブ・アップしてしまうだろう。

生半可な神経じゃないってことは、わかるなあ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

natsumiryo

Author:natsumiryo
FC2ブログへようこそ!
夏海 漁の
悪ガキワールドへようこそ!

FC2カウンター

フリーエリア

フリーエリア

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

翻訳できるよ!

ブログ内検索

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。