昔遊びと悪ガキ

キラキラとした別世界。・・・今考えると、これほど外の世界が魅力的に感じた時代はなかった。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(探検テキ)宝探しゲーム

2006.10.11 (Wed)

今思えば、ボーイスカウトでよくやるオリエンテーリングと言うべきか、大袈裟に言うとサバイバルゲームのようなことを、既に40年前、ボクたちはやっていた。もちろんボーイスカウトの存在もオリエンテーリングも知る筈はない。

その頃ボクたち子供は、探検とか冒険とか言うものが、強い大人になるための入り口のように考えていた。何かにつけ探検などと口に出し、山や川を徘徊する毎日であった。探検といってもその辺を散歩するような中途半端なものではない、獣道しかない原生林を何時間もかけて歩くのだ。立ったままで斜面に手が届くくらいの絶壁に猪の足跡や雉子を見たり、平地では見ることもない高山植物も珍しくはなかった。そんな険しい所を猿のように登るので生傷は絶えなかったが、どう言う訳か「探検」と言うだけで、親は許してくれていたような気がする。

探検には準備が必要であった。自分で作った特大のにぎり飯。野草につけて食べるための塩とアルミのコップの3点セットだ。ところが探検だけでは終わらなかった。単に歩き回るだけでなく、その後それは「探検的」宝探しに発展していった。

(探検テキ)宝探し
ルールというものは、適当に自分で考えればいい。たとえば、目標地を示した下の絵のような地図を、あらかじめ用意しておき、(ABCのような)スタート地点をジャンケンで決める。決められた時間にスタートして、いち早く目標地を目指すというゲームだから、特に難しいことはない。
ボクたちは主に3~4人の数グループで競い合い、目標地には宝物(殆どが食い物)を置き、木の枝や石、赤い紐などの目印をポイントに置いたりして、それなりの気分を味わっていたが。

takarasagasi.jpg

スポンサーサイト

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

コメント、ありがとうございます。

安倍さんについては、「きっこの部屋」のきっこという人が、『北とツルんで、何かやらかす(たとえば、日本海側にミサイルを撃ち込ませる)…くらいのことはしそうだ。――すると、うまくいく』てなことを書いてました。

まさか、とは思うけど、安倍さんの強運はまるでシクんだ~~みたいなところがある。まさか!とは思うけどね。最近、陰謀っぽい発想になっていけない。ははははは…。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

natsumiryo

Author:natsumiryo
FC2ブログへようこそ!
夏海 漁の
悪ガキワールドへようこそ!

FC2カウンター

フリーエリア

フリーエリア

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

翻訳できるよ!

ブログ内検索

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。