昔遊びと悪ガキ

キラキラとした別世界。・・・今考えると、これほど外の世界が魅力的に感じた時代はなかった。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(二)その男…5

2013.11.17 (Sun)

(二)その男…5

 「しかし、くだらんガキがいるもんやな」
 誰に言うでもなく、杉田は川面のきらめきに目を細めながら言った。
 杉田は少年だった頃のことを思い出した。中学生の頃だったか、その頃、学年に一人くらいは、いわゆる番長がいて、それを数人の子分が取り巻いていた。彼らは、いま時の弱い者だけをターゲットにする、くだらないイジメグループとは真逆の、正義という一種のイデオロギーを持っていた。

ochiba.jpg

 いつの時代でも弱い者イジメというものはあるが、彼らはそういう弱い者たちの駆け込み寺的存在になっていて、教師もまた、度が過ぎない限り、それを放任していたふしがあったようだ。

 つるむことを嫌った杉田は、番長グループには属さない一匹狼であった。そうして一線を引くことで要らぬ誤解が生じ、時として彼らと対立することもあったが、一度も暴力沙汰に発展することはなかった。いま思えば、それは彼ら、つまり番長グループと、お互い根っこは同じだったということだろう。

 杉田は、高度経済成長の時代も、バブル経済の崩壊も見てきた。敗戦国日本が一九六十年代に入ってから、毎年十パーセントという恐ろしいほどの経済成長を遂げてきた。そして九十年代初頭に、そのバランスシートが一挙にひっくり返った。

身の丈以上の夢を追っていた、殆どの人や企業は暗転した。太っ腹が残らず青ざめ、“金は力なり”と豪語していた輩が一斉に、守りに入ったのである。一面識で信用していた時代が、友人や親兄弟までも信用できない、世知辛い世の中になってしまった。

また杉田は、時代とともに複雑化した社会が、人の性根を変えてしまったのかもしれないと思った。経済社会が崩壊すると、地域や家庭がバランスを失うこともあるだろうし、そういう時代背景だからこそ、ドロップアウトする人間や、人間関係を上手く維持できない人も出てくる。その男もたぶんそうだろうし、他でもない、杉田だってその男と大きく違わないだろう。

 男をベンチに座らせ、饐えた臭いが遠ざかる位置まで歩いた。
 その男はベンチに座ったまま動こうとはしない。彼と妙な関わりを持ち、引き上げるタイミングを失ってしまったことを、今更ながらに後悔した。

 川沿いのフェンスに、短いヒルガオの蔓が絡んでいる。杉田は、そのフェンスを背にして、短くなったマイルドセブンを携帯灰皿に押し込んだ。
 ジャリを満載した一艘の台船が、ゆっくりと川上の方へ滑っていく。その台船を見送りながら、片方の視野でその男の様子を窺った。

 「おっさん、身体痛まないか?」
 男は俯いたまま片手を振ってよこした。
 十月を過ぎると台風の進路は、東へ向いて去っていく。今頃は小笠原をとっくに過ぎ、北上している頃だろう。

それほど大きくなかったようだが、これを境にして偏西風が流れ込み、急速に冬を呼び込む。雲の合間に覗く陽の光りが、足下にまだらな陰影を作っては去っていった。
 「台風はとうに行ったいうのに、まだ風きついな」と、杉田は独り言のように言った。

 その男は、北浜のビル街に目を移した。湧き上がる雲のせいで、ビル街がどんどん後退しているような錯覚を覚えた。
 「えらい早いな、雲が・・・」
 もう一度杉田が言うと、男は何か思い出したように、荷物を手に、ベンチから腰を上げた。

 「まるで雲が飛んどるみたいやで」
 「飛んどる?・・・どっちがだ?」
 男のしわがれ声が耳に入った。以外とぶっきらぼうな言い方であった。
 「えっ? どっちがだって。雲や」

 「そやないんや」
 「雲や、見えるやろ?」
 「そやから、そやないって言うとるやろ」
 杉田は、妙なことを言う男の方へ目をやった。何か面倒臭い男に関わってしまったと後悔したが、帰るタイミングではない。

 その男は、黒く煤けたサファリ帽を目深にかぶり、杉田の視線を避けるように、空の切れ端へ顔を向けていた。
 「飛んどるんやろ? 雲は」
 「そや。飛んどる。・・・いや、そやないんや。動いとんのは、こっちや」と、自分の足下を指差した。薄汚れた軍手の指先だけが覗いていた。まるで漫才の掛け合いを一人でやっているようであった。

 「動いとる? こっちが?」
 「そやっ、そのまんま空だけ見てりゃええんや」
 杉田は、その男の言う通り再び空を見上げた。しかし、杉田には、雲が流れている以外何も見えなかった。
 その男は、残っていたカップ酒を、ひと口飲んで言った。

 「にいちゃんの目には、ビルも目に入っとんやろ。それじゃなんも見えへんのや」
 「確かに街もビルも目に入っとるな。雲だけ見るんやな」
 男はそれには応えず、わずかに残っていた酒ビンを天井に向けて、もう一方の手でビンの底を叩いた。

 黒く筋張って痩せたのど仏が、コクコクと上下した。よれよれのサファリ帽の下から、日焼けして垢のこびり着いた顔が覗き、白髪混じりの髪と鬚が、紙縒り状に固まって肩まで垂れている。元の色が判別できないほど、衣服が濃灰色に染まり、肘や袖の当たりがテカテカ光っていた。
 「まだ見えへんのんかいな?」



スポンサーサイト

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

夏海さん、コメントありがとう。夏海さんと同じ悩みをかかえているnineupです。

たしかにFさんのこと、最近、よく考えます。電話したいなあ‥、ひょいと出むいていって、お茶に誘い出したいなあ‥、夕方電話して、飲みたいなあ‥。などといろいろ思いますが、もう出来ません。

ぼくとFさんとは古いので、良いところも悪いところもよくわかっているつもりです。

で、ちょっと、Fさんとの昔話を。

仕事では(CR的なものはすべてそうだろうけど)、すべからく「勘どころ」なんて「口は説明できるものではない!」ということをFさんはよ~く知っていて(夏海さんも同じだと思う)、抽象的な物言いなんか絶対にしなかった。

だから仕事では、キツい要求を平気でポンと出す。するとこっちもガッツで頑張るわけで、肉体的にヘロヘロ状態で提出したものを目の前で全部「没」にされ、目の前でスラスラと正解を出されてみたりと、リアル面ではなかなかたいへんな上司でした。

でも、ヘロヘロ状態で会得したテクもいっぱいあるし、目の前でスラスラと正解を出されるときのFさんの感じから、は~ん! こういうことなのか!と会得したこともたくさんありました。

結局、ほんとうに身体(頭)で会得したものから出たものでなきゃ、出来上がったモノも「すっきりしたモノ」にはなってない、とFさんは考えていたということでしょう。

Fさんには、こういう「仕事師」らしい現実的な面がありました。この世界には、いい加減なプロが多いなか、いわば古典的な意味でのプロだったと思います。

御巣鷹山JAL機墜落事故でD社の人が大勢お亡くなりになりました。これへの追悼の言葉なんてミーハーな玄人の言葉でも、素人の言葉であっても、マズイ。そこは中途半端なプロを越えたプロ人として、Fさんに依頼がきた。ぼくはよくわかる。

Fさんと話すと、Fさん自身も「わからない」「そこを越えたい‥」と思っているところにいっぱいぶつかる。このことを彼は隠さない。

Fさん自身が「わからない」「そこを越えたい」というのは、抽象的にではなく、リアルなところで「わからない」わけで、Fさんはここに拘泥する(仕事師として当然です)。口先の「抽象的な言葉」なんて大嫌いなんでしょう。

仕事師としてのFさんをよく知っているぼくとしては、肌でわかったコツをこそ知りたくて、ぼくの疑問をぶつけるわけですが(ぼくも抽象的な答えなんて期待していない)、ここから話しがすすまない。そして、いわば心地よい沈黙というか思考タイムに突入するわけです。

そして、こういう時こそ「CRな時間」なわけで、理屈を下敷きにしながら、理屈に根拠を求めない「沈黙」から、ポンと、パッと、神から降りたように、リアルな、普遍性をもった解答が出てくることがある。

こんな先輩(ほとんど仲間)が居なくなったのは、たいへん寂しいことです。


今、プロップはもうヤメにして、ラボフに移っています(すぐ辞めるかもわかりません、再度バフチンにいくかもわかりません)。何か、Fさんのようなリアルなサジェスチョンがないものかと期待してのことです。また、ナラトロジーに解答のひとつを見出せそうな感じもしています。

入院中(四六時中、ベッドの上でっせ! 体力的にもシンドイけど読むのも本当はシンドイ、でも、まだマシ)、ジリジリと本を読みながら考えていたことです。
(実際はねえ、同じところを何度も読んでいた。頭にしっくり入らないんだなあ。)

「その男」、期待しています。

nineupさん、遅くなりすみません。
この件は、長くなりそうなので、
終末に連絡します。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

natsumiryo

Author:natsumiryo
FC2ブログへようこそ!
夏海 漁の
悪ガキワールドへようこそ!

FC2カウンター

フリーエリア

フリーエリア

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

翻訳できるよ!

ブログ内検索

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。