昔遊びと悪ガキ

キラキラとした別世界。・・・今考えると、これほど外の世界が魅力的に感じた時代はなかった。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ややこしい帰省

2014.01.26 (Sun)

久しぶりの投稿である。年が明けてもう1ヶ月経つというのに、今頃なんだと言われそうだ。けれど、今回はちょっとややこしい問題で帰省した。

ゆき.jpg

相変わらず代わり映えのしない帰省、代わり映えのしない正月。年々年老いてゆく親たち。過疎化の進む旧国道沿いの商店街は、まるで死んだように鎮まり返っていた。

若者はどんどん都会へ出て、老人世帯だけが残り、とうとうボクの両親が、この町の最長老になったという。が、とりあえず大きな病気もなく、ホッとさせる。既に力仕事ができなくなったオヤジに代わっての、大掃除と餅つきがボクの役割である。

yuki.jpg

今回の帰省は大掃除や餅つきだけではなく、3年前にやっと終わった墓地の移転に次ぐ、ややこしい話しなのだ。

約40年前、山陰から朝来市へ引っ越す時に残したままの農地を、そろそろ処分するためである。まあ40年間放置したままなので、田や畑は荒れ果て、雑草や灌木で覆われ、殆ど資産価値のない土地である。しかし、それでも固定資産税を払い続けなければならない、いわば“お荷物”なのだ。

元々は800坪ほどあった。その内、100坪は既に人手に渡っていて、焼肉店が店を構えている。それはともかくとして、問題は、残る700坪の内の300坪である。

山陰から引っ越す時に、村の、ある友人を仲介にして、温泉町の旅館のオーナーに売っていたことが、今回分かった。ところが、代金は受け取ったものの、売買契約はおろか名義変更の手続きが終わらない内に、オーナーは他界、更に仲介に入った村の友人も、その数年後に病死した。

しかし、それより問題をややこしくしたのは、旅館が不景気の最中に倒産し、店を閉じたことであった。後を継ぐ筈だった息子は、土地を買ったことを親から聞いておらず、温泉町を離れ、他県へ移住してしまった。

オヤジは、売った時の領収書をオーナーに渡したというが、聞けば、息子の返答も要領を得ず、領収書の存在すら掴めていない。35年前のことである。つまり、仲介人も当のオーナーも亡く、売買の顛末を知る人もなく、売買契約もされないまま、固定資産税をずっと払い続けている。

kaki.jpg
河原にあった富有柿

個人の不動産売買の時候は、既に成立している。というより、元々売買契約がされていないので、法律上ではオーナーに渡っていないのと同様で、この土地をオヤジがどう処分しようが、罪に問われることは決してない。

しかし、律儀な親父は人道に反することはしたくないと思ったのかも知れないし、正直この手の手続きは面倒だ。特に年寄りにとっては。だから何十年も放っておいたのだろう。
まだある。
敷地内には焼肉店の駐車場として貸している、50坪ほど区画がある。が、そこの店主は実にケチで狡いときている。年寄りで人のいいオヤジの足下を見て、使用料を振り込まなかったりと、どうやら“ある時払い”を決め込んでいるらしい。

ここまでくると確かに面倒臭い。いっそずっと放っておこうかと、真剣に考えたくらいだ。ところが、仮にオヤジがオフクロより先に逝ってしまったとしたら、余計に面倒なことが分かった。

オヤジの預金口座の解約と、振込をオフクロの口座に変更する手続きである。亡くなった人の口座の解約を、オフクロがすれば比較的簡単であるが、現住所の違うボクが替わりにするとなれば、本籍まで遡って戸籍謄本を取らなければならない。

つまりだ、親子である証明を、口座解約時にする必要があるのだ。

数年前、村の知人から土地を譲って欲しいとの話しがあった。今思えば、その時すべて譲っておけば、面倒にならなくて済んだものを、例の旅館の亡きオーナーに義理立てして、先延ばしにしたものだ。

本当にややこしい“お荷物”である。
面倒この上ないけど、もしオヤジが亡くなったとしたら、それこそもっともっとややこしいことになる。やれやれだ。


番外編(交通事故に遇った鹿の角)
sika.jpg



スポンサーサイト

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

ややこしすぎて途中で思考停止してしまいました〜〜。
あとでゆっくり解明したいと思います。
しかし、日本のそこかしこにあるハナシなんでしょう。
秘密基地の周囲もそんなこんなですよ。
漁さんを育てたご両親、興味あります。
歴史を見てみたい。
素晴らしい人生なんでしょうね。

DAIKさん、こんばんは。
ややこしいでしょう。こういうの、みんなどうしてるのでしょうね。

ややこしいついでに言えばね、
相続する人が養子だとか、貸した場所に住んでいる人がいて、
地主、或は大家が亡くなって、既に他県で暮らしている子どもに
手続きさせるなど。
一昨年亡くなった義母の件では、物凄くややこしくなっています。
あるんでしょうね、日本中にこんなんが。

両親に興味?
ごく普通ですよ。
いつか小説のネタにしようと思うんですが、
どこかで脚色しないと、ちょっと地味ですから。


私も先日 登記名義完了しました。
兄弟が一人行方不明だったので 大変でしたが
なんとか 探して完了しました。
司法書士さんのお金の高い事 親の名義を変えるだけなのに
夏海さんの所 大変だよ 国もおかしいよ
前は買っても名義変更しない所沢山だよ
早く解決できますように 

fumikoさん、こんばんは。

fumikoさん、行方不明の兄弟いたの?
でも、見つかってよかったね。

そうなんや、聞けば聞くほどややこしいことばかり。
お役所の仕事って、本当に手間ひまかかるね。
インターネット時代にね、半世紀前のままだね。

何でこう面倒臭いかって?
こんなの各地方の役所をオンラインで結んでしまうと、
自分たちのいる席が減ってしまうからと思う。

nineupsさんのコメントを転記

ややこしい。‥というか、不得意、こういうことは、どうもぼくたちには向いていない。

ぼくの場合(夏海さんほどではなかったけれど)、たとえば裁判所に何日何時に行かねばならない! いつまでに何々を揃えねばならない!(どこかへ提出しなければならないので‥)などなど、なにせ、ペースがね、なにもかも相手のペースなんですよ。

ぼくの場合、母の成年後見人となる司法書士の方がうまく指示してくれたので比較的やりやすかったとは思うものの、相手のペースに自分を合わせて事をすすめるばかりのシンドさはキツかった(母とぼくの病院管理もあったしね)。

コピーやデザインも、こんなことはあるにはあるけれど、でも、基本的には「自分」の努力に帰するものでしょ。資料がないときには要求も出来るし。

ぼくの対処法は、年間ダイアリーというのか、営業マンが持ち歩いている「大きな日記手帳」を始めて使いましたよ。いつ電話が入り、いつまでに何かを捜しだし(あるいは、戸籍謄本などを取り寄せ)、持って行かねばならない。こんなのが数件(2~3件でも)あれば、慣れてないぼくにとってはアセってしまってパニックになってしまう。

で、スケジュール管理として「営業マン日記」で管理してたというわけです。今年は、ぼくと母の病院管理だけなので、あのダサいノートはやめてます。

でも、やらねばならないことだし、おそらく、ひとつずつは簡単な理屈によるものです。ここはひとつ頑張って、貴君のややこしい問題をクリアしてください。「営業マンノート」は役に立つよ。ぼくから出来るアドバイスはこのくらいかな。

nineupsさん、まいど。

nineupsさん、この間はどうも。
見てくれました? 上手くいきましたよ。

ほんと、お役所の手続きものっていうのは、面倒でややこしくて、
時間がかかるし、腹が立つことが多いですね。
何でこんなんだろうかって、いつも思います。

特に忙しい人とか、身体の自由がきかない人にとっては
苦痛以外の何ものでもない。
自分たち(お役所の)は、ただ座って待って、あっちこっちタライ回しして、
ヒマな時はパソコンでマージャンしてればいいわけで、こんな楽な商売はない。

nineupsさんは、わりとメモする習慣があるでしょう、マメに。
何年か前に心斎橋の茶店でお茶してた時は、いつもノートに何か書いてたのを思い出しました。
ボクは、あまりメモしない人間です。小説以外は。

仕事でも、余程のことがない限りメモしません。
たとえば、間違えてはいけない数字関係とか。
それ以外は、かえってメモすることで安心するのでしょうか、
メモを見ることがなかったら忘れてしまいます。

昔からです。
やたらメモしないことで、記憶しようと脳が働くというのか、
もうそういう風になっているのかなぁ。

だから、バッグの中にあるのは殆どが小説関係のノートばかり。
そうそう、ブログ用のもあったか。
ノートは、粗書き用のやつと、加筆用と、清書(これもグジャグジャだけど)用と、それをプリント出力して、更に朱を入れたやつ。
もう1冊はブログ用です。

知っての通り、ボクはいつも文章が長くなるので、
すぐにノート(ハガキ大の20枚程度)がなくなるんです。

会社の帰りや、暖かくなるとちょっと早く出て、会社へ行く前に。
休みは必ず2〜3時間お茶飲みながら。
これが、ボクの至福の時間です。

訂正

「ダーウィン」じゃなくて、「ダ・ヴィンチ」でした。

もう、オレ、アカンな。

nineupさん、「ダ・ヴィンチ」って?

二度も三度も、ごめんなさい。

え~、恥ずかしながら、ご説明させていただきます。

先の夏海さんのやりとりで「メモ」の話題が出ましたね。

で、それへの返信として「ぼくのメモは書いてるだけで、ダ・ビンチのメモとは大違い‥」といった意味のことを書いて「昔遊び」のコメント欄に投稿したつもりになっていたのですが、どういう手違いかわかりませんが投稿されていなかった。これがすべての基本となる、ぼくの第一のミス。

しかも悪いことに、投稿した(つもり‥)の後に、「ダ・ビンチ」を「ダーウィン」と書き損じていたことに気づいたわけです。なぜ「ダーウィン」と書いたのかはわかりません。「ダ」だけの記憶でばっと書いたんだろうと思います。これが二番目となる最重大のミス。

で、気がついたときに、こりゃ、訂正しなきゃ!と思い、あのコメントを入れたのですが、このときに、ちゃんとコメント欄を見ていれば、ぼくのコメントが投稿されていないことに気づかなきゃならないはずです。なのに、それもせずに、思い込みだけで、訂正コメントを投稿してしまった。しかも、これはちゃんと投稿されていた。

ま、これが、この「ダ・ビンチ」への訂正文の、裏側にあったものです。

まったく一人芝居というか、一人で馬鹿を演じて(「演じる」ではなく、本気で)いたわけで、ほんま、もうアカンのかもしれない。ははははは‥。すみませんでした。

これに懲りずに、これからもいいお付き合いをお願いいたします。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

natsumiryo

Author:natsumiryo
FC2ブログへようこそ!
夏海 漁の
悪ガキワールドへようこそ!

FC2カウンター

フリーエリア

フリーエリア

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

翻訳できるよ!

ブログ内検索

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。