昔遊びと悪ガキ

キラキラとした別世界。・・・今考えると、これほど外の世界が魅力的に感じた時代はなかった。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時計草が咲いた。

2014.10.03 (Fri)

10月というのに時計草が咲いた。

時計草は、あの甘い実のパッションフルーツの花だ。

原産はブラジルやパラグアイなのだそうだ。

だけど、耐寒は摂氏3℃、20℃から30℃が適温。

40℃近い酷暑はどうなるか分からないが、

とりあえず我が家のベランダでは居心地がいいに違いない。

時計草

時計草はすぐ隣りにあるオーシャンブルーのように

『明日咲くよ!』っと予告してくれない。

突然だ。

これは1週間前のもの。

一週間前

そして、これが2日前のもの。

2日前

この時点で『そろそろ咲くよ!』とは分かるけど、

『明日だよ!』と見えない。

今日、オレが会社に行ってる間、ヨメが発見したらしい。

パッションフルーツは、こんな実ができます。

実



スポンサーサイト

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

パッションフルーツ!

ベランダでパッションフルーツができるんですね!!驚きました!

夏海さんちのベランダでは季節ごとにいろんなものが栽培されてると、こちらのブログで紹介されていますが、
こう考えると、ベランダって実は栽培に適した環境なんですね。
いや、夏海さんの栽培技術が優れてるからか!
いや、どっちもなんでしょうかね。

そうでもないんです。

こんばんは、ねずみさん。
植物を育てるのは好きですね。でも素人ですから、やっぱり難しいです。

ベランダはコンクリートですから、真夏の暑い日などは、恐らく50℃は超えてると思いますし、鉢植えですから水やりが大変。
50cm×2mの狭いスペースにビッシリ鉢が並んでます。うっかりすると焼けてしまうし、水をやり過ぎても枯れてしまう。

夏の水やりは朝ではなく、陽が陰る夕方でないと枯れてしまう。
ベランダだから風通しがいいと思われがちだけど、案外悪いです。だから毎年「うどん粉病」にかかりますし、害虫にもやられる。

一旦病気にかかったら、その土も影響するので、必ず殺菌しなければいけない。

春先に何種類もの種まきや、ポット売りの苗を買ってきて植えますが、途中で病気になったり、夏頃には半分以上は枯らしてしまいます。

それに上の階のベランダで日当りが良くないです。
一番陽の長い日でも、たぶん4時間ほどじゃないかと思います。

植物を栽培するのは大変

うわー、ベランダはむしろ大変なんですね!
素人考えでは洗濯物を干すくらいだからと思ってしまいますが、風通しが良くないとは意外な感じです。
植物同士が密着してるからなのでしょうかね?

これだけ手間をかけて育ったときは本当に『やった!』となりますね。
また植物が育ったお知らせを楽しみにしています!

ねずみさん、生き物を育てるって楽しいですよ。
楽しいけど、やってみて本当に難しいと。
嫌なこととかストレスなんか感じる時、無心に土をいじったり、
野菜の手入れしてたら、小さなことがアホらしくなったりしますよ。

手間かけて、臭覚に結びつくと嬉しいし、
こりゃ死んだな!と諦めかけて、でも生き返ったりする。
じいさんになったら、熱中症と格闘しながらやるんだろうなと、
考えたりします。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

natsumiryo

Author:natsumiryo
FC2ブログへようこそ!
夏海 漁の
悪ガキワールドへようこそ!

FC2カウンター

フリーエリア

フリーエリア

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

翻訳できるよ!

ブログ内検索

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。