昔遊びと悪ガキ

キラキラとした別世界。・・・今考えると、これほど外の世界が魅力的に感じた時代はなかった。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほっぺたが落ちる…シリーズ第9弾(干し柿)

2014.12.07 (Sun)

何と言ったらいいのか分からない。

決して甘くはないし、妙な後味が全くない。

一口食べると、ほわっとした香りと一緒に、何十年もの

古い記憶が突然よぎった。

でも、どういう記憶なのかはっきりしない。

はっきりしないけど、たぶん美味しかった食べ物には違いない。

P1080774

ヨメは「干し柿なんて嫌いだ」と、前から言っていた。

基本的に木になる「柿」が嫌いだから、干したものもそのようだ。

オレは小さい頃から「柿」も「干し柿」も好きで

毎年食べていた。結婚してからはあまりないけど。

それがどうだ。

いっぺん試しに食べてみろ!と

ほのぼの民宿「木船」さんから送って頂いた「干し柿」を

ヨメに食べさせてみた。

で、反応は・・・。満面の笑みで「美味しいじゃん」

確かに美味しいかった。

けど、単純に味覚だけの問題じゃないと思う。

昔食べた懐かしい味とかいうものと少し違うような。

「美味しいものを食べると幸せになる」という

あれによく似ている。





スポンサーサイト

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

natsumiryo

Author:natsumiryo
FC2ブログへようこそ!
夏海 漁の
悪ガキワールドへようこそ!

FC2カウンター

フリーエリア

フリーエリア

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

翻訳できるよ!

ブログ内検索

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。