昔遊びと悪ガキ

キラキラとした別世界。・・・今考えると、これほど外の世界が魅力的に感じた時代はなかった。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪の明日はどうなる?

2015.11.22 (Sun)

今日は大阪の浮沈に関わるW選の投開票日である。ここで非常に気になるのが、若年層の投票率である。5月の「都構想」の住民投票では、20〜40才台の投票率が30%に届かなかった。

daihyo

一方、65%以上という高投票率があったのが60才以上のシルバー層であった。結果的に、当初の予想に反して反都構想側に軍配が上がったカタチだ。

投票後の調査で、何故維新側が敗北したのか、理由がはっきりした。若年層の受け取り方と考え、いわゆる年寄りのそれと、全く違っていたということだ。

つまり、当時、非維新が掲げていたのは『暴言を吐く橋下を許すな』、『橋下維新は大阪をダメにした』、『大阪から維新を追い出そう』などなど、維新が明確な行政方針を示している一方で、あまりにも稚拙な「維新排除」というシュプレヒコールで擦り込まれ、その熱風に年寄りたちは騙され、煽られてしまった。

裏を返せば、若年層の投票率があまりにも低かったので、維新の掲げる「都構想で二重行政に終止符」が敗北してしまったのである。

今回のW選は、あの時の総決算になるのか、それとも再び維新の敗北で、暗黒の大阪に戻るかの分かれ目の日である。

全く個人的な問題だが、近い将来、大阪を離れるボクにとって、大阪の未来がどうなろうと、もはやどうでもよいと、当初は考えていたが、どうやらそう言ってはいられないようだ。

というのは、大阪に古くから蔓延る二重行政は、何も大阪だけに限ったことではなく、日本全国に巣食っているからである。「二重行政は悪」というのは、今や国民共通の認識である。
言うなら、橋下代表率いるおおさか維新がここ数年の間に、意識改革したその賜物と言っていい。

何故ここまで大阪が借金地獄に陥ったのか。何故これほど日本は、1000兆円超える借金を作ってしまったのか。
それはつまり、国民を無視した公務員制度が旧態然として温存され、後進国並みの意識の低さからなるものと言える。

「公務員は国を司る国家機関の組織であり、国民はそれに従わねばならない」という考えは、半世紀も前に終わっている。
(公務員総てが悪いのではなく、制度が悪だと言っている)

一般の家庭の平均月収が30〜40万の時代に、公務員は、何と70〜80万。この格差を年寄りたちはどう見るか。

一旦上げられた月給を下げられるというのは、とても納得できるものではない。これは身をもって体験したからよく分かる。

収益のある企業、能力のある働き手の収入が多いのは、資本主義の常であり、これには全く意義無しである。

しかし、一般人と公務員の格差がこれでは、納得の範囲を遥かに超えるだけでなく、退職金制度、天下り制度、公務員年金に守られもしている。

(疲れてきた、つづきは後で)

スポンサーサイト

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

大阪維新の会、圧勝

大阪維新の会、圧勝でしたね。
なんでしょう、前回の選挙の結果とは逆の結果になりましたね。
橋下さんは嫌いだと投票しなかったけど、何も(良い方向)変わらなかったから、橋下さんなら変えてくれるかもと期待して入れたんでしょうか。
橋下さん、大阪を引っ掻き回すだけで終わりにせず、しっかり腰を据えて舵取りをして成果を上げて下さいね。

やはり大阪人の言霊を引き付けた橋下の勝利

おおさか維新の勝利は、東京の「維新と民主党解党論」がでて年内にやるという「助成金儲け」の話しがでた辺りで決まったようなものだった。
投票者の高齢化は仕方がないが、彼らの「橋下」支持は理屈ではなく(理屈が窮屈だった都構想選挙はダメだが)彼を支持することで暗黒の「戦後」と「大阪」を超えたいという暗黙の、沈黙の願望だったと僕は推測している。
自民党大阪派が共産党や民主党と「握手」は、彼らにすれば戦後を生きてきた「経緯」をけと飛ばされるような痛みなのだろう。
人は、どうあれ「選挙」と言う行為で「ある共同体」に向かう人物に夢を持ちたいものだということで、僕は橋下を支持はしないが、彼のテレビで見る「演説の切れの良さ」に感心するばかりだ。
「人を泣かせる」境界を若いのに知りすぎている演説だ。
「声もよい」これは大切で、庶民は嘘かほんまかいなの接点を聞き分けるのだ。
とにかく「自民党大阪派」や最近「国民~」なる構想を語る共産党のずるがしこなどは、理論、理屈を超えて、大阪おばちゃん、おじちゃんは「ほんまかいな」という「真剣さ」を感じず、逆に「真剣な一途さ」の橋下を支持したと推測している。
長々と政治落語を記載したが、僕は「政治にまつわる人物」として橋下氏の今後も面白くなりそうだ

ねずみさん

圧勝になるとは意外でした。
知事は大丈夫だと思ったんですが、市長はちょっと危ない気がしました。
街頭演説は何度か聞きました。
その度に、松井氏か橋本氏が付き添って、
不利な知名度をフォローしてました。
今思えば、作戦勝ちでしたね。

選挙前には、おおさか維新のHPを毎日覗いて、8年間の実績やマニュフェストを見て、やはり大阪は彼らに任せるしか、今の大阪は変えられないと。

中年不良探偵団さん

確かにね、橋本氏の言動は一種のアレルギーになったかも知れません。
でも、大阪の未来を冷静に考えたら、彼らの思いと信念に任せるしかないでしょうね。

たぶん、大阪府市民の多くが、そのことを見透かしたと思います。
問題は議会が動くかどうかでしょう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

natsumiryo

Author:natsumiryo
FC2ブログへようこそ!
夏海 漁の
悪ガキワールドへようこそ!

FC2カウンター

フリーエリア

フリーエリア

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

翻訳できるよ!

ブログ内検索

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。