昔遊びと悪ガキ

キラキラとした別世界。・・・今考えると、これほど外の世界が魅力的に感じた時代はなかった。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「後妻業の女」

2016.09.18 (Sun)

直木賞作家・黒川博行の第一作目となる作品
「後妻業」原作によるものである。

004004

「後妻業」と聞いて思い出すのは、2009年の木嶋佳苗と
2013年の筧千佐子の婚活連続大量殺人事件は記憶に新しい。

他にも多くの事件はあったが、どの被疑者も
大量の殺人を犯しているにも関わらず、
シラを切るという図太さと、利欲目的で行った犯行で
酌量の余地はみじんもないところは共通している。

金目的の性の虜になり、手玉に取られる寂しいバカな男。
対して、金銭欲と救いのようのない自己顕示欲の塊である毒婦。
これが対峙すれば、バカなおじさんはひとたまりもない。

今、日本は婚活大国と言われる。
熟年離婚が劇的に増加した昨今、
結婚相談所は全国に4000社、利用者は60万人と言われる。
もちろん健康的な結活をしている人が、
圧倒的に多いと信じたいものだが。

そんな世相を背景に、結婚相談所で相手を見つけ、
資産を狙って結婚詐欺を働く犯罪が「後妻業」というものだ。

「後妻業の女」は、京都の事件(これは男が女性から1億5000万円詐欺)が明るみになった直後、事件を予見していたと話題になった黒川作品が原作である。

大竹しのぶ演ずる主人公・小夜子が、
結婚相談所所長・柏木亨(豊川悦司)と組んで、
老い先短い寂しい老人たちを騙すというストーリである。

しかし、騙す側も騙される側もどこかコミカルなキャラばかりで、
実に憎めないものになっている。
関西弁が飛び交い、道頓堀や堀江など、身近な背景というのもいい。
柏木亨の荒っぽい所行や小夜子の毒婦ぶりがあるものの、
どこか間が抜けて憎めない。

笑える。これは百聞よりも一見という他はない。

特に、小夜子と小夜子に手玉に取られて殺された
中瀬耕造(津川雅彦)の娘・朋美(尾野真千子)との
壮絶な格闘シーンはマジに見え、何故か笑いをそそる。

006006

最後のターゲットである筈の舟山(笑福亭鶴瓶)、
実は知る人ぞ知る有名な”竿師”。

小夜子は、陥れるつもりの舟山の”竿”に・・・

005005

最後に、これは個人的ではあるが、
柏木亨の女扮する三好繭美(水川あさみ)だ。
ボクのイメージでは、棒切のように痩せこけた少年という
感じであったが、これほどボリュームがあったとは。

003003

う〜〜〜〜〜ん、いいな・・・
スポンサーサイト

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

長いこと?

長いこと訪問しても「留守」のようで占いのペンちゃんのお世話になってばかりでした。
この原作も、映画も知りませんでした。
貴君の「説明」を読む限りでは、「現実」には「ある」世界なのでしょうな~。
僕らの体験(思想)なるものよりも「世間」の奥深さが判る映画なのでしょうな。
女優「大竹しのぶ」は、検定試験的な頭の良さではなく、生き方での頭の良さを感じていました。
そろそろ「一皮むけた」オンナの演技者として「挑戦」しているような空気を貴方の説明で感じましたが、映画を見ていないので「あやふや」なことしか言えませんが、今までの彼女の「殻」を吹っ切れたのでしょうか?
貴君の「鑑賞」の結果はいかがですか?

不良中年探偵団さん

ご無沙汰しました。
時々、PCから逃げたい時があり、今回はちょっと長い逃避になりました。長過ぎて、ブログ更新が機能不全に陥っていました。

「後妻業」は数年前から知るようになりました。
黒川作品から得たものではなく、保険金目当ての殺人事件が婚活を通しての後妻入りであった、そんな事件が続け様にあったからです。

テレビニュースに登場する、実際の事件に関わった、いわゆる「後妻業の女」は、何故こんな女に引っかかるのか?と思えるほど不細工なところが共通していて、驚きます。

大竹しのぶの件。彼女はボクとほぼ同じくらいの歳で、芸歴は長いです。たぶん、知らない人はいないのでは?
明石家さんまと結婚していて、確か2人の子ども(既に成人)、その後離婚。

そのことはどうでもいいですが、彼女は家庭に収まる人間ではなく、私生活も仕事も使い分けができない、ある意味、偏質的な生き方をしているように見えます。

役者人としては誰もが認めるトップの女優です。
でも、ボクはあまり好きではないです。



速報

こちらは「ブログ」書き込みをしたく思っているのですが「ブログの入り方を変更したほうがよいですよ」の指示で直したところが、今度は登録されていないという。
ですからブログの日付が同じままになっています。
新しく「移住」するかどうかの思案中。
便利だが、困ったことです。僕のブログに「コメント」をいただいても「ぼく自身が」入れないのですから返事は書けません。困った事件です。

同じかと

1ヶ月以上放置していて、久しぶりに投稿しようとしたけど入れませんでした。たぶん、同じ状況ではないかと思います。

ならば、左下の方にある「管理者ページ」から入って、
新たに「パスワード」を変更するだけで、入れるようになります。

「管理者ページ」内の「パスワード」変更手続き欄があると思います。それを開いて変更手続きをすると、不良中年探偵団宛にメールが届きます。

そのメール内に、「パスワード変更」のためのアドレスがありますから、それをクリックすると、「新たなパスワード入力」できる欄があります。

後は、「新たなパスワード」を送信するだけで、貴兄のページは開けます。

お礼と再開通知

やれやれ「旧ブログ」はあきらめました。
貴君の知識を活用して、なんとか「元に」とボケ老人らしく数日間努力をしましたが、やはり「ダメで」した。
致し方なく同じ住居でも「隣り街」らしき場所に移転しました。
移転したばかりで、今度は「改装」が従来のようにはできず不満だらけの作りになっています。
致し方ないとあきらめていますが、何とか文だけはつながりました。
新居
新ほんのりやんわりつれづれ日記
http://sinseimeinanase2016.blog.fc2.com/?share=41762&index

「新」をつけただけですが、どれぐらいの人たちに訪問をされるかはこれからでしょう。

ぜひ貴君は歓迎客の一人なのでよろしくお願いいたします。

新居訪問ありがとう

引っ越し祝いのお礼も兼ねて。
訪問ありがとうございます。
当分は、新居へのコメントは技術的に危険と思えるので、こちらでの「やり取り」ができれば幸いです。
「夏子」は去ったが、意地の悪い「秋子」がふくれ面で17号という「ヤクザ」のヒモとでは、本当に困った悪女に育ったものですな。

朝5時ごろから「銀杏の実」を拾うのが楽しみな日々です。
ではまた。

こちらからは覗けます。

色々ご苦労されているようですが、「ほんのりやんわりつれづれ日記」は、こちらからいつでも覗けます。
とはいえ、引越済となれば致し方ありませんね。
新居へのコメントは未だ入れておりません。最近、少し慌ただしくPCもなかなか覗けない有様です。

夏の余韻を残しながら、一方では足早の秋が朝晩、感じるようになりました。こういう季節の変わり目は、身体に変調を来すことがあります。お互い気を付けましょう。

とにかく今年は台風が多いです。
この5年の間、自然の驚異を思い知らされました。地震、津波、火山の爆発、水害、台風。
日本は様々な災害で痛い目に遭っているにも関わらず、備えが十分ではない。高く複雑な崖っぷちにある日本列島。災害だけでなく外交、経済も、何やら危うさが垣間見えます。

築地移転問題と東京五輪問題も大切ですし、待ったなしの状態です。報道で聞くしかないボクですが、都政の暗闇を想像する度に、政治村の古い体質から抜け出せない金まん政治屋がまだまだいるようです。

恥ずかしい限りです。
”あの中国”から三流扱いされているのですから。

東京では銀杏が拾えるのですか?
大阪の大きい通りは銀杏並木になっていて、ちょうど今、実が落ち始めています。以前は勝手に採っても文句はなかったですが、今は禁止になっています。ですから、近くを通る度に一面潰された実から悪臭が放っています。



訪問客第一号さんです

お笑い番組ならばフアンファーレのラッパを鳴らして「一号さん」認証おめでとうと騒ぐでしょう。
では、懸賞金はと言えば「銀杏処理前の臭い奴」ですよと言われたら困りますよね。
そうですか、自宅に戻れない方が「稼ぐ」手段にされていたのですな。
僕は、他から見れば「この状況」とい同じ部類で、上を眺めれば「イチョウの木」、下を眺めれば「銀杏の臭いもの」を探す怪しげな「人物」となり、都会の片隅でのうわさばなしに「色を」添えているのでしょう。

ノーベル賞ではないが、細胞は破壊しなければ「古いもの」だけで「死に」至るわけで、人間社会も「ある意味での破壊」なることをしなければ、社会が存続できないことだと「理解」したボケ老人ではありますが。

不良中年探偵団さん

ボクも貴兄と同じように、マメな方ではないので、来客は今や一人となってしまいました。
返事がしにくくても、他愛のないコメントでも、丁寧にやればまた訪問も多くなるのでしょうが、如何せん面倒臭がりなのです。

3年続けてのノーベル化学賞。
日本の科学界は日本人にとって誇りです。
どこか近所の国では、やっかむばかりとなって、ネット上では自虐的なものが飛び交って、メディアを汚しています。

オートファジーは、破壊と再生を繰り返し生み出す細胞の機能だとか。
人間には自然治癒力というものがあるようで、何かの攻撃を受けた時とか自らの病いなど、修復再生する能力のこと。
それが遅くなったり、十分な機能を果たさなくなると、「加齢による衰え」と言われるようになります。
貴兄が”大阪の若い・・・”おっしゃるボクも、実はその域に達しています。
風をひいても、一晩で治っていたのに、今では数日。ケガでも何ヶ月も治らなくなりました。



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

natsumiryo

Author:natsumiryo
FC2ブログへようこそ!
夏海 漁の
悪ガキワールドへようこそ!

FC2カウンター

フリーエリア

フリーエリア

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

翻訳できるよ!

ブログ内検索

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。